伝統的食べ物@プエブラ

食べる事大好き嫁です。
今日は特別編といたしましてメキシコで食べた美味しいもの紹介でございます。
第一弾は「タコス(Tacos)」
写真も私が写している為どこまで美味しさが伝わるかは不安ですが、公開させてもらいます。
 

このタコス、私は日本にいる時タコスと言えば一つしかないと思っていたのですが,全然違いました。
タコスは日本でいうみそ汁のように、各家庭によって皆味が違う。メキシコの場合店によって全て味が違います。
その中でもさすが地元の人に連れて行ってもらうタコスはどこも美味しい!駅前などの分かりやすい所ではなく、車を使って移動をした為、全て場所が分かりません。すいません。
せっかく日本から来たのだから。ということで特に伝統的なものや、人気店を紹介してくれました。


 タコスの皮の事を「トルティーヤ」と言います。
鶏肉、にチーズをたっぷりのせて、小麦のトルティーヤで上下からはさむ。チーズがトロッとしてたまらない〜!!
 
DSC00252_food.jpg


豚肉にオニオンとパクチー。トルティーヤはメキシコ定番のトウモロコシ。
  
DSC00251_food.jpg

 
こちらそのお肉を焼いている姿。私の半分くらいある大きさ。丸かじりしたい!
 
DSC00253_food.jpg


 「Cemita(セミータ)」。こちらは鶏肉のセミータ。
コーラの瓶半分くらいの高さにはビックリ!!半分でビックマック一個分の大きさはあるはず。プエブラでベストな食べ物だったけど、大きすぎて半分で断念。。半分はテイクアウトして移動のバスの中でパクパク。

 DSC00266_food.jpg


 「Mixiote(ミキシオッテ)」。ジャワカレー風。
お肉とご飯を混ぜて、トルティーヤで巻いて食べる。ご飯があるから日本人に合います!
 
DSC00225_food.jpg

旅する鈴木 013



友達の友達の結婚式に参列させてもらいました。陽気で楽しく、でも、やっぱりココでも結婚式は感動的なものでした。

旅する鈴木 012



一つの街に、365の教会があるチョルーラの夜景です。アステカ人の建てたピラミッドの上に、スペイン人は教会を建てました。

旅する鈴木 011



メキシコはプエブラの大聖堂です。大きなパイプオルガンがとても神秘的でした。

安全な街プエブラ


皆様お元気ですか?今日も異国の世界でわくわくしている嫁がお伝えいたします。
さて、今私達がいるのはプエブラ。
世界中を旅しながら住み心地いい所は無いかしら?と密かに思いながら旅しているのですが(別に定住する気はない)、今の所住みたい町No.1はこのプエブラ!
おすすめポイントは限りなくあるのですが、絞りにしぼって、

まず街並が世界遺産になるほどの美しさ。
「青」を基調としたものが特徴で、陶器も家も青が多い。これが古い建物や青空に映えること。
 
_MG_1535.JPG


アートは大道芸も多く、1ストリートに一人は何かやっております。
今日は平日なのでこれでも少ないらしい。休日は芸人さん達で芋洗い状態になるとか。。それは見逃せないからいってきます!


_MG_1512_s.jpg


そして、住みやすいと思った大きな点は「安全」ということ。
なんと旦那が持っているカメラ7Dと私の腰まである高さの三脚を裸のまま出し歩いていても大丈夫!更に夜は11時過ぎても人がざわめき出歩いていても何の危険も無いほど!ここは本当にメキシコだったっけ?と忘れてしまうほど安全なので、日本人でも安心して観光できます。


プエブラよいとこ 一度はおいで。

1  2  3  4  5  6