旅する映像 198日目 チリ名物おじさんと冷えたピーチ缶と麦。



日本とチリは似てるね、と、たまに話題になる。そんなことを思った国はこの旅で僕は初めてだし、現地のひともそう感じてくれていることに、結構びっくりした。チリでは、あ­ちこち一ヶ月以上、旅をした。その国土のほぼ北から南まで、気温も風景も本当に様々で、全部キレイだった。魚やお米。食べ慣れた食材もたくさん食べた、美味しかった。宿で­、道ばたで、マーケットで出会うひとたちと話す日本とチリの話題。やっぱり似た食事をしていることが最初に盛り上がる。だいたいそのあと、津波のこと、落盤事故のことか­ら、アニメのこと。そしてお互いの仕事やお互いの国の物価の話になっていく。本当に拙いスペイン語を根気よく聞いてくれる気遣いに嬉しくなってしまいながら、あ、やっぱり似ている­のかもしれない、何度か思った。そして僕は、地球の裏っかわなのに日本とチリは似ているね、と言ってみる。皆、確かにそうだ、と笑う。逆にそう言われることもある。確かにそうだ、と僕も笑う。

My wife Satoko eat barley in peach juice. It is popular in Santiago. Really unusual food but its really tasty!



ビックシティ "Santiago"はココです。

大きな地図で見る


いつも見ていただいて、ありがとうございます。皆さまのクリックが本当に嬉しいです!! あら、このおじさん可愛いわって思っていただけたら、一日一回、世界一周バナーのクリック、どうぞよろしくお願いします!!!
white_1px.jpg


ケータイはこちらからクリック!