旅する映像 203日目 バルパライソは危ないところだけど住みたい。



海あり、山あり、コンテナありのバルパライソの街並み。どうしてもこの住むべき街の魅力を伝えたくて、街全体が見渡せるバルパライソっぽいベストポジション風景を探して街を歩きまわった。そして、何度となく住人たちに呼び止められ、その度その地域に入ることをやめるように注意される。挙げ句の果てに、歩いて進むことも戻ることもするな、と言われバスに詰め込まれて観光ポイントへ連れ戻された。どうやら、バルパライソのいくつかの地区は本当に危ない場所なようで、さすがに欲張りすぎたか、と結局観光客いっぱいの場所で夜景を撮影した。現地の人が言うのだからよほど危険なのだろうと思いながら僕は、いちいち注意をしてくれるその危険地域に住んでいる人たちにちょっと感動する。なんだ、良い人たちがいっぱいじゃぁないか。危険地帯にいるいい人たち。なんか変な話だし、そりゃ全員が全員悪いヤツじゃないだろうけど、ただ危険地域に入って怒られて感動したおはなし。危険だと聞いても、住みたい気持ちはまったく衰えなく、この日で最後になるチリに戻ってくることを軽く誓って、アルゼンチンへ向かう。

Time lapse movie of Valparaiso. Really Really beautiful city. This day is last day of Chile. We leave Chile. I dont want to leave Chile. Oh Chile.


"Valparaiso"、ハードボイルドでニクい街です。

大きな地図で見る


いつも見ていただいて、ありがとうございます。皆さまのクリックが本当に嬉しいです!!危ないところは行かないほうが良いよと思われる方、以後気をつけます!一日一回、世界一周バナーのクリック、どうぞよろしくお願いします!!!
white_1px.jpg


ケータイはこちらからクリック!