旅する映像 269日目 メルカドにお世話になりっぱなし



"メルカド"と聞くと、なんだかワクワクしてしまう。"市場"という意味のこの言葉、いままでずっとスペイン語圏を旅してきた僕たちには、すごくなじみのある言葉だし、なんだかとてもお世話になった場所の名前。どしてもお金がない僕ら、食事はできるだけ自炊がよく、メルカドで買う安い野菜や肉は、大切なおともだち。街に到着するごとに、キッチンのある宿を探し、メルカドを探し、キッチンなければ電気コンロを買い、やっぱりメルカドで食材を買う。言っても市場なので、世界中にある訳だけれど、メルカドというスペイン語はここスペインから来ていて、何となく「本場のメルカドだ」と意味不明にマドリッドのメルカドでテンション上がる。本場と言ってもどこでも市場は市場で、住んでる人々の食卓が想像出来るし、その土地柄や気候なんかも感じ取れる。そして、どこの市場も活気があって、なんだかあたたかい。

Mercado in Madrid. We buy foods at mercado every city, every country. It is really help us to save money. We love it.

120917_DSC07543.jpg

世界一周ブログランキングに参加しています。よければ、下のバナーのクリックをお願いします。現在の順位が見られますです。white_1px.jpg


ケータイからの応援クリックはこちらからお願いします。


"サンミゲル市場"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 268日目 今日もデモ明日もデモ



そろそろ寝ましょうかとベッドに入るころ午前1時。何だか大勢の人が叫んでいる声とヘリコプターが近づいてくる。あぁ、今日もデモかしら。そんな毎日が続き、眠り­につく。それほどまでに連日連夜、マドリッドの大通りはデモが続き、それどころか国中でデモっている様子。色々あるんだな、大変なんだな、と単純に思うけれど、人々が気軽­に頻繁にデモに参加することに関しては、ポジティブな印象を感じた。意思と意見を持ってそれを表示することは、やっぱり大切なことなのだろうと、デモに参加したことのない­僕は思うし、もっと多くのことを知って、自分の中での判断を持ちたいなぁなんて思ったりする、デモがうるさくて寝れないマドリッドの夜。

Demonstration parade in Madrid again. Every day! Every night! Can't sleep! Spanish people are really powerful !

120916_DSC07504.jpg

世界一周ブログランキングに参加しています。よければ、下のバナーのクリックをお願いします。現在の順位が見られますです。white_1px.jpg


ケータイからの応援クリックはこちらからお願いします。


"マドリッド"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 267日目 何だか楽しそうなデモ



炭坑に働く人々によるデモ、マドリッドの夜12時過ぎ。何かと経済についてニュースを聞くスペイン、このデモも、炭鉱労働者の政策への抗議とのことで、警官隊と衝突したり­しながら数百キロ歩いて首都マドリッドに着いたそうな。雰囲気は凱旋パレードさながらで、国民の政府に対する不満もちらほら見えるけれど、ビール片手に練り歩く人々の姿は­どちらかと言うとお祭りに見えてしかたがなかった。丁度日本でも反原発デモが起こっていて、なんだか世界が動いているのを感じた、マドリッドの真夜中。

Demonstration parade in Madrid. They demonstrate at midnight, over 1:00pm. This is Spain.

120915_DSC07495.jpg

世界一周ブログランキングに参加しています。よければ、下のバナーのクリックをお願いします。現在の順位が見られますです。white_1px.jpg


ケータイからの応援クリックはこちらからお願いします。


"マドリッド"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 266日目 考えさせられる闘牛 閲覧注意



近年サッカーほうが俄然人気のスペイン国技、しかも動物愛護の観点から禁止になりつつあるスペイン国技、倒した牛は場外ですぐに解体されるスペイン国技。やっぱり一度は見てみたいかもと、巨大な闘牛場に向かう。牛と戦う闘牛士は、単純にかっこいい。けれど、目の前で牛が倒されまくるこの国技、もの凄く複雑な気分になる。食とは、とか、食べ物に感謝しなきゃ、とか、これからはご飯は残さず食べようとか、考える。考えさせられる。お客さんはおじいちゃんおばあちゃんも多くて、昔からのファンなのだろうと、文化として素晴らしいものだとも思える。何より、僕は牛肉が大好きで毎食ステーキなら幸せなので、可哀想という言葉はおかしい。牛にも食べ物にも感謝して大切にすること、文化というのは歴史があって素晴らしいものだということ、そんなことを学んだような気がする。

Bullfight in Madrid. It is Exciting, but feel like sad. I love beef. But I had never seen killing bull. I must be grateful to caw I thought.

120914_DSC07469.jpg

世界一周ブログランキングに参加しています。よければ、下のバナーのクリックをお願いします。現在の順位が見られますです。white_1px.jpg


ケータイからの応援クリックはこちらからお願いします。


"ラス・ベンタス闘牛場"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 265日目 夜のスペイン王宮



フランスとスペインの国境、ピレネー山脈を越えるとアフリカだ、なんて話に納得出来るほどに、マドリッドの夏、暑い。部屋の窓からドライヤーの風が入って来ているのかと思­うほど、日中暑い。シエスタという文化が生まれたのは首が取れるほど頷ける。ようやく涼しくなる夕方頃から、街の人々は動き出し、バルや公園に集まってワイワイと元気いっ­ぱい喋っていてる。このスペイン王宮前もそんな人々の夕涼みの場なようで、広場の芝生やベンチに老若男女集まり夜遅くまでわいのわいのしている。歴史ある宮殿を前にくつろ­ぐ人々を見て、あぁ、この国は昔から変わってないのかもしれないなぁ、なんて思った。そんな夜の散歩。日曜日の夜。

Walk around beautiful royal palace of Spain. Crowds of people here for cool off in the evening.

120910_IMG_1328.jpg

世界一周ブログランキングに参加しています。よければ、下のバナーのクリックをお願いします。現在の順位が見られますです。white_1px.jpg


ケータイからの応援クリックはこちらからお願いします。


"スペイン王宮"はこちら。

View Larger Map

1  2  3