旅する映像 347日目 母に捧げるフナ広場



ウチの母に勧めたいマラケシュ。日中ずっとたくさんの旅行者が練り歩き、夜の雰囲気は­異国情緒溢れ、ご飯は本当においしくて、お土産屋は星の数ほどあってヨメの買い物が止ま­らない。深夜に外出しなければ危険を感じることはなさそうだし、凄まじい人々­の営業努力も、実はちゃんとわきまえてくれている。一歩足を踏み入れれば、ああ外国だ­わぁと素直に楽しんでもらえる、そんな街だと僕は思う。日本から気軽に行ける土地もも­ちろん楽しいのだけれど、地球の反対側の服装も宗教も違う、大きく異なった文化を感じ­てみるのも、本当に楽しい。共通の部分や違うところ、日本の良さなんてのも、あらためて気付­くのかもしれない。ねぇお母ちゃん、どうですか。

I really want to recommend to my mother Marrakech. If she comes here she is going to feel large cultural differences. Really interesting place. You will like it. How do you think, Mom?


130316_DSC04006.jpg
"Jamaa el Fna"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 346日目 外からは見えないところを飾るイスラムセンス



モロッコは日本でなかなかなじみのないイスラム教の国家。街中で布を敷いてお祈りする人たちはたくさんいるし、パンをちぎる時に使うのは右手だけ。女の人はやはりエキゾチックな服装をしているし、レストランでお酒は売っていない。定刻に爆音で始まるアザーン(礼拝への呼び掛け放送)は、街じゅうにあるそれぞれのモスクから流れ出し、その内部に異教徒は基本入れない。日本でいうお寺のようなものだけれど、イスラムの人々がとても大切にしている場所。そんなモスクの建築様式は独特で、入ることの出来ないその内部は、実は素晴らしいものらしく、神学校だった建物なら見えるとの情報をヨメがゲットし、行ってみる。派手さはなく、でも精巧に作られた造形は、何だか渋くセンスよくまとめ飾られている。日本人好みな気がする作りだと感じる。外壁はただのカベなのに、内部をひっそりと飾るこの感じ、じわじわとイスラムの人々の考え方が伝わってくるように思えた。

Ben Youssef Madrasa is old Islamic seminary. Outside is just wall, but you will see beautiful architecture when you go inside. Cool.


130315_DSC00710.jpg
"Jamaa el Fna"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 345日目 革とミントと商売魂



北のフェズ、南のマラケシュ。モロッコ中の動物の皮は、このふたつの街に集まり、浸けられ干され、色々なものに加工されているそう。牛や羊、ヤギにラクダの皮からのもの凄い豪快な匂いを、マスク変わりにと渡されたミントの葉を鼻にくっつけ躱しながら工場を一回りする。ガイドさん曰く、この場所は千年間同じ製法で作り続けている由緒あるファクトリーで、6つの家族が代々受け継いできているとのこと。そんなうんちくを聞いたのち、実際にココで産み出されたという手作りの皮カバンがずらりと並ぶお店に当然のように連れて行かれると、とても特別なモノたちだと感じ、物欲がMAX高ぶるというのが人の性。大掛かりなテレホンショッピングみたいじゃんだとか、実は街中で同じものが売ってたとか、しかも半額以下で売られているんだぜとか気にしない。

Tannery industry in Marrakech. Skin of Goat, caw, sheep and camel came from all of Morocco. This factory since 1000years ago. Really traditional work.

130314_DSC00692.jpg
"Jamaa el Fna"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 344日目 たくましい舌になりたい



もちろん旅の醍醐味のひとつは、その土地ならではの食べ物。旅人は次の国、次の街へ着いたらその晩は、市場で土地のものを食べてやろう、と言うひとも多いんじゃないかと思う。ラーメンと牛丼のローテーションが一番幸せに感じてしまう残念な僕の舌からは、なかなかそんな感情は芽生えなく、はっきり言うと食べ物ビビリで、今日も食べ慣れてきたタジン鍋をいただく。さて、なぜか、ここで、カタツムリ。エスカルゴとは違う、6月によく見かけるあの姿ママで黒く固まってこちらを向いているコイツをいざ食べるぞとなると、普段なかなか出てこない勇気を全開にして立ち向かって、そして撃沈。となりでモグモグとカタツムるお客さんたちに、うまいぜとパクついて見せたかったけれど、ビビり舌でごめんない、というかウエっとなって申し訳ありませんでした。

Eating Snails is not popular in Japan. I know we eat more strange foodstuff but I never try this. I kept it when I was kid but I never eat this. woo... The journey makes me nervous sometimes.

130313_DSC01192.jpg
"Jamaa el Fna"はこちら。

View Larger Map

旅する映像 343日目 目を閉じると何だか遠い異国の地にいるみたいだねだなんて



聞こえてくるタイコの音。肌に感じる生温い風。何かを焼いているスパイスの効いたいい匂い。「目を閉じると何だか遠い異国の地にいるみたいだね」と目を閉じながら言ってみた遠い異国の地、ジャマ・エル・フナ広場。千年も続く賑やかなこの広場は、まさに目を閉じると浮かんでくる遠い世界のイメージそのものだと思った。風も匂いも喧噪も、まさに思い描いていたそのもの。夕方から立ち出す屋台の市は本当に活気に溢れていて、裸電球の灯りが綺麗く、歩いても歩いても飽きない何だかとても不思議な場所。ヤギの頭を美味しそうに手づかみで食べるヒジャブを纏ったご夫人に、コブラに向かってあぐらをかき笛を吹きつづけるおじさん。驚く光景ばかりのこの広場には、そりゃその通りなんだけれど、日本から遠く離れた心地いい異国の風景が広がっていた。

We really enjoy to walk around Jamaa el Fna square. This place is different from our country. Of course I knew it but I felt much stronger when we came here. Smell, bustle, wind, everything!

130312_DSC01192.jpg
"Jamaa el Fna"はこちら。

View Larger Map

« prev 1  2  3  4  5  6