旅する映像 479日目 アフリカで中国パワー



中国パワーすげえ。アフリカを旅して、ホント良く思うこの言葉。世界中で中華レストランはよく見かけるけれど、ここアフリカではそれ以上の存在感を確実に持っている。道路工事は中国人現場監督が現地の人に指示を出していたり、その工事に使う重機も中国製だったり、小さな村にも中国人経営の商店があって、村人の生活用品はそこでしか買えないものも多い。レソトなんかは、国会議事堂を中国移民たちが自費で建てたとか。アフリカ大陸での中国の影響は計り知れなくて、その現実はちょっとやそっとじゃ覆せないとこまで来てるなぁなんて思っていた矢先、ここリロングウェの中華スーパーの巨大さ綺麗さにとどめを刺された。中国人はすごいと心底思う昨今。日本も頑張れ!

131219.jpg
I am overly overwhelmed by Chinese power. Everywhere in Africa, it occurs to me quite often. I see chinese restaurants all over the world but in Africa it is way more than just that. Road constructions with chinese supervisors and heavy equipments made in china. Chinese owned grocery shops in the tiny villages sell the basic supplies. In Lesotho, chinese build the parliament building with their own cost. It almost feels like nothing can change the fact that the continent of Africa has an enormous impact from China. And here I am in front of a huge and gorgeous supermarket in Lilongwe. I am truly amazed. Keep up, Japan!

translated by Mizue Kawamura

"Blantyre - Lilongwe"

旅する映像 478日目 マラウィの首都



マラウィの首都リロングウェ散策。人は多いけれど、他の街に比べて人はたくさん歩いているけれど、ビルもねぇ信号ねぇ車もそんなに走ってねぇ。素朴な国の首都という感じで、でも大きくて先進的なスーパーもホームセンターもあって、なんだかちょうどいい具合。マラウィの人々はしつこくなく、ぼったくりもあまりせず、街を歩いていても嫌な気分になることがないのが一番嬉しい旅する鈴木。

131218.jpg
We walked around the capital of Malawi, Lilongwe. There are just people, relatively more than the other towns, with no buildings, no traffic signs, not even much automobiles. It is a capital of a rural country with a big supermarket and a DIY center. The people in Malawi are not too insisting nor ripping off which makes my life in Malawi very comfortable.

translated by Mizue Kawamura

"Blantyre - Lilongwe"

旅する映像 477日目 リロングウェに着いた



移動移動の毎日。アフリカ旅の移動は少しハード、でも楽しかったり。窓からは、モザンビークもマラウィも田舎が続き、明らかに電気の無い村、小さな街、ジャングルが入れ替わりに過ぎ去ってく。バス停は無いけれど、停車場はふわっと決まっているようで、そこで人が乗ったり降りたりする瞬間を狙って物売りたちがバスを囲む。お土産というよりは、そこの野菜や果物だったり、乗客の昼食だったり飲み物だったりを窓に向かって盛んにアピール。小さな窓から商品を受けとり、お金を払うやりとりが、バスが発車してもちょっと続いて、窓からお金を落とす客と、追いかけながら受け取るオバちゃんの光景がこれまた面白い。

131216.jpg
Day after day, move after move. Transportation in Africa is tough but fun. In Mozambique and Malawi, we were going through rural landscapes with villages without electricity, tiny towns, and the jungle passing one after another. There are no distinct bus stops yet the bus stops at some determined spots where there are many street vendors waiting for passengers. They sell vegetables, fruits, lunch boxes or drinks, shouting out at the bus windows. They keep exchanging money and the goods through the window even after the bus take off. It is hilarious how the money drops off the window and the vendors trot after them.

translated by Mizue Kawamura

"Blantyre - Lilongwe"

旅する映像 476日目 マラウィ入国



旅を始めてから2年と数ヶ月、だけどまだ22カ国目のマラウィ入国です。ペース遅すぎるだろ鈴木と、あらためて思うけれど、それはそれとして連日の移動を越えてマラウィ到着バンザイ。モザンビークからマラウィに入った途端思うこと。人が優しくなった気がする。人々は自国のことを「Warm Heart of Africa」という。位置的にも大陸の真ん中左に位置し、そして人柄が暖かい、ということなのだけれど、これは嘘じゃないぞ!と入国した途端に思い、そして洪水に巻き込まれたマラウィ初日。

131215s.jpg
Two years and a couple of months. We've only been 21 countries and just entered the 22nd, Malawi. I know it's taking too long but anyway, I am here in Malawi. All of a sudden, after I crossed the border from Mozambique to Malawi, I feel people are more friendly.The locals call their country "Warm Heart of Africa" which means it is right at the center of the continent and the people are warm hearted. It seemed true to me and yet we were all flooded the first day.

translated by Mizue Kawamura

"Chimoio - Blantyre"

View Larger Map

旅する映像 475日目 マラウィへの途中



連日移動が続く。旅中、次の行き先を決めるのは、そこに見どころだったり有名宿だったり "何かがある" 場所だからで、それら目的に、その場所へ向かう。でも道中、乗り継ぎのために "何かある" わけではない場所に立ち寄ることはもちろんよくあって、こちらモザンビークの地方都市シモイオは、そんな感じの1泊滞在。特にガイドブックにもウェブ上の旅人のオススメにも載らないこういう場所、その国の普通が見れて実は結構楽しかったりする。手数料の安い銀行のATMには何十人も並ぶとか、近郊へ向かうミニバスのハイエースっぷりだったり、金くれとずっとついて来る子どもの最後の捨て台詞のむかつきっぷりとか、見るものが特別無いぶんそういう部分が印象に残ったりして、そんなのも旅の楽しさだなぁといつも思う。

131214_DSC01024.jpg
Days after days of transportation. We usually decide where to go next based on some sort of purposes such as a beautiful landscape or a famous motel. There have to be some kind of reasons to bring us there. However, we often stay at places in-between those destinations. Chimoio, a local town in Mozambique, was one of those places, no description on the guidebook nor recommendation on travel sites, where I enjoy watching the everyday lives of the local people. Dozens of people lined up in front of ATM with the cheapest transaction fee, the long distance bus overly packed with passengers, and the annoying words from kids mouths scavenging for money on street. Those are a part of the things I love about traveling.

translated by Mizue Kawamura

"Chimoio"

View Larger Map

1  2  3  4