旅する映像 494日目 文明と蚊柱


チズムル島からンカタベイに戻ってきて、まずミネラルウォーターを浴びるほど飲んだ。そしてインド系のレストランへ行き、スパイスのきいたカレーを浴びるほど食べた。wifiを使い倒し、夜遅くまで音楽を鳴らし、ビールを飲む。文明って最高と叫びたくなる反面、何故かちょっと後ろめたい気持ちにもなる不思議。そんなことを感じながら、マラウィ湖に起こるちょっと不思議な現象「蚊柱」を眺める。厳密には血を吸ういつもの蚊とは違うそうなのだけれど、晴れた日に湖面数十メートルもの黒い煙りが現れる。数百万匹のユスリカの大群らしく、想像すると非常に恐ろしい。あたらめて自然ってすごいなと思い、文明と自然の中間ぐらいが生きやすいなと感じた湖のほとり。


140307.jpg


As soon as we arrived in Nkhata Bay, we drunk tons of bottled water, went to an Indian restaurant and ate tons of spicy curry. Using wifi, playing music till late at night and drinking beer made us appreciate convenience of civilization and at the same time feel guilty to some extent. Wondering where that came from, we gazed at the mosquito pillar, a natural phenomenon common for Malawi Lake. A massive cloud of black smoke appears on the lake surface on sunny days which is a swarm of billions of non-biting midgets. Nature indeed is incredible. But I prefer somewhere between nature and civilization.



"Nkhata Bay"