旅する映像 570日目 アトバラ市の景観につきまして



「爆撃された街」とウチの母に例えられた、アトバラの街並み。言われて見て、確かに、と思った。塀は中途半端に囲われ、ゴミが散乱している。僕らのいる宿の屋上も鉄筋がむき出しになっていて、これが荒廃感を盛り上げる。ただ、アフリカでは良く見る光景で、実際結構多い。この崩れた壁を、古代遺跡と言われたら納得してしまう、ある意味危険な存在でもある。どこで聞いたのかは忘れたけれど、この中途半端な塀や建物が並んでいるのは、建設中だからなのだそうだ。例えば、3階立ての家を建てようとする。でも途中で予算が尽きて、とりあえず1階だけを住めるように作り、2階は窓枠のみ、3階に至っては鉄筋が空に延びているだけという状況で数年経ってしまった、みたいなことになるらしい。塀も同じだと思われ、四方のかどだけがある、という場所もたまに見かける。ちょっとずつ増築するという考え方は、逆にどのタイミングで完成だと思えるのか、誰かに聞いてみたくなった。そんなバス待ちの金曜日。

150430_DSC02385.jpg

DAY 570 : ABOUT ATBARA
My mother called Atbara an "exploded town". It sounds convincing now that I saw it only half surrounded by walls with trash all over. The rooftop of the hotel we are staying looks quite devastated with steel bars sticking out of the broken concrete. However I found it quite normal in Africa, there were many ancient looking smashed walls which are actually under construction sites. For example, someone started making a building and ran out of money when the first floor is done, the others unfinished. Same with the walls, many of them are finished only on the corner, still under construction. I wonder if they ever finish the construction if it repeatedly extended little by little, on a friday waiting for a bus.


"Atbara"