旅する映像 565日目 リマインドミー妻籠馬籠宿



スーダンのバスは、夜走らない。夜間の運行が禁止されているそうな。国境近くの村、ワディハリファに一泊したのはそのためで、まだまだ結構な距離のある首都に行くには、この村で夜を過ごさないといけなかった。ワディハリファはそんな中継地点のような場所で、同じ境遇の人がたくさんいて、実はちょっと面白い。ホント一泊で十分な安宿が満杯で、村のレストランでは同じバスでやってきた人々と再開しまくる。日本の旧街道沿いにあった宿場町なんて、こんな感じだったのかしらとなぜかスーダンで妻籠馬籠宿を思い出していた。そんなこんなで今日は日の出とともに出発。砂漠の中を、首都へと走る。

150425_DSC02262.jpg

"Wadi Halfa → Khartoum"

旅する映像 564日目 スーダンにいこう!



ワクワクの国境越え。エジプトを出て、いざスーダンへ。アスワンを出発したバスはアブ・シンベルの街の港へ。そこからナセル湖をバスごと渡る。船の着いた先は、もうスーダン。砂漠の船着場にテンションが上がり、出国入国の荷物チェックでテンションが下がる。このご時世だからかココの国境はことさら厳しかった。写真チェックをされ関係無いデータまで消され、荷物は替えのパンツまですべてチェックされ、無事スーダン入国のスタンプが押された時には涙流して喜んだ。大変だけれど、やっぱり国境越えは楽しい。国境から更に砂漠を走り、今日はワディハリファという小さな町に泊まり、明日、一気に首都ハルツームへ。

150424_DSC02251.jpg

DAY 564 : LET'S GO TO SUDAN!
Feeling excited to cross the border, out of Egypt into Sudan. The buss took us from Aswan to the port near Abu Simbel to get on the ferry to travel across the Nasser Lake. We were in Sudan when the ferry arrived the other side. We were so excited to get off on the dessert harbor but the baggage check at the immigration put us down. It was quite harsh though I understood the situation around the particular area and time. They checked all the image files on HDD and erased the files that has nothing to do with them and went through all my possessions including underwear. It almost made me cry when they put a permission stamp on my passport. Crossing border is always trouble but still fun. Moving ahead through the dessert to a small town called Wadi Halfa for one night stay and tomorrow to the capital city, Khartoum.

"Aswan → Wadi Halfa"

旅する映像 563日目 ナイルの向こうのヌビア村



スーダンのビザは、申請後、結局3日で取れた。いよいよエジプトを抜け、隣国へ向かう。ここアスワンのあるエジプト南部から、スーダンの北部の砂漠地帯を、ヌビア地方と呼び、そこに住む褐色肌の人々はヌビア人と言うそうな。アラブ系のエジプト人とは見た目も、性格もどこかちょっと違う彼らは、ヌビアということに誇りを持っている。ここアスワンでもよく、ヌビアという言葉を聞き、立派なヌビア博物館もある。ということで、北部スーダンへの予習も兼ねて、ナイル対岸のヌビア村へと向かう。

150422_DSC02125.jpg

DAY 563 : TO THE NUBIAN VILLAGE OVER THE NILE
After all, they gave us Sudan visa three days after they accepted our applications. We are finally leaving Egypt and heading to the next country. The region along the Nile river located in northern Sudan and southern Egypt is called Nubia and the brown-skinned natives are called Nubian. They respect their roots being different from Egyptians with Arabic origin, often use the word "Nubia" and even have an excellent museum of Nubia. So now, we are going to a Nubian village across the Nile river for the northern Sudan preparation.


"Aswan"

旅する映像 562日目 アスワンのスーク、夜



夜のスークはキレイ。それでもって世界中、市場を歩くのはやっぱり楽しい。ここアスワンには長い長いスーク通りがあり、ぶらぶらと歩くだけで結構楽しめる。肉を焼いたいい匂いがそこらじゅうからして、ニーハオと100回ぐらい声をかけられ、整然と並べられたスパイスやに乙女心がキュンする。色とりどりに並んだスパイスの写真を撮り、そのお礼にとカレーを買ってボラれ、アラビア数字の時計を買い、焼きたてのパンを買い、回るチキンをディナーにして、結構楽しいアスワンナイトライフ。

150421_DSC02188.jpg

DAY 562 : NIGHT AT SOUQ IN ASWAN
Souq look beautiful at night. Anywhere in the world, I just love walking around a market. Here in Aswan, there is a long open-air market street, quite entertaining just to walk through. Surrounded by the smell of meat and so many greetings in Chinese, the feminine side of me got attracted by the spice boxes lined up in an orderly manner. Taking photos of the colorful spices, getting ripped off in turn at the curry shop, buying a watch with numbers in Arabic, getting freshly baked bread and chicken for dinner; I am having such a wonderful night life in Aswan.


"Aswan"

旅する映像 561日目 豆のコロッケパン



豆のコロッケ、を挟んだパン、が売っている屋台。"ファラフェル"とか"ターメイヤ"とか呼ばれるこのコロッケは、そら豆やひよこ豆に香辛料をいれて揚げたものなのだけれど、これが思いがけず美味しい。結構味がしっかりとしていて、パンに挟んでちょうどいい。これを2,3個パンに挟んで20円~30円ほどなので、店が賑わうのも分かる。コシャリと並んでエジプトの国民食なようで、どちらも安くて結構美味しい。それらを毎日食べていれば随分と節約できるなぁと思いながらも、晩飯はマクドナルドへ向かう。

150420_DSC02107.jpg

DAY 561 : FALAFEL SAND
There are many stands sells falafel sands. Falafel is a deep fried ball or patty made from ground chickpeas, fava beans, or both with spice. It is served inside a pita with fresh vegetable and tastes unexpectedly good for a couple of dimes. No wonder it's quite popular reasonable and good local food along with Kushari. Knowing that eating them everyday would save up a lot of money, we still go to MacDonald's for dinner.


"Aswan"

« prev 1  2  3  4  5  6