旅する映像 560日目 スーダンビザを取りに



アスワンから少しナイルを上流に向かった先に、ナセル大統領が作ったアスワンダムがある。ダムによってできた湖は"ナセル湖"という名前が付いているように、古代から氾濫してきたナイル川をコントロールするこのダムを作った功績は大きく、カイロにはナセル大統領の博物館まである。そんなナイル川の湖の対岸は、次なる国、スーダンとの国境に迫る。地味に長くなったエジプト滞在もそろそろ終わりが近づいて、僕らはスーダンのビザを取得しに、領事館へと彷徨う。馬車とタクシーを駆使して。

150419_DSC02093.jpg

DAY 560 : TO GET A SUDAN VISA
Situated across the Nile in Aswan, the Aswan High Dam significantly controls the water of the frequently flooded Nile water. Planned and executed by the Nasser government, the contribution was so remarkable that they named the reservoir "the Nasser Lake" and build the Nasser Museum in Cairo. On the other side of the lake, there is the border between Egypt and Sudan, our next destination. Our long stay in Egypt is coming to an end. We are heading to the Sudan Consulate to attain a visa by carriages and taxis.

"Aswan"

旅する映像 559日目 ナイルのほとりで丸一日ぼー



ナイル川沿いを歩くのが、非常に気持ちいいアスワン。10m歩くごとに声をかけられる客引きへの憎さも、川岸に吹く風と砂漠の中の緑で、なんだか少し癒される。ファルーカ、と呼ばれる帆船がここの名物なようで、その船が帆をいっぱい広げて通り過ぎていくのを見ながら、ダラダラとカフェに長居していると、いつの間にか夕暮れになっている。そんな気持ち良さがちょっと素敵なところ。そんなんで1日が終わるのもたまにはいいねえ、なんて、日暮れまで川辺でぼーっとしただけの自分たちを誤魔化してみる。

150418_DSC02081.jpg

DAY 559 : A "DO NOTHING" DAY BY THE NILE.
It is quite nice to take a walk along the Nile. I wouldn't mind all the solicitation every 10m I walk because of the nice wind and the plants and greens in the dessert. The feluccas, small vessels which is popular among the region, come and go with all sails set in front of the coffee shop. A day passes while we linger in the coffee shop and it still makes me feel it was a good day.


"Aswan"

旅する映像 558日目 アスワンへ



エジプトは、ホントに見所が多い。ギザのピラミッドから始まって、北には地中海の都市アレキサンドリア、東には紅海沿いのビーチ、西はサハラ砂漠に内陸を突っ切るナイル沿いの遺跡わんさか。全部行きたいところだけれど、また資金稼ぎに一時帰国することになりそうなので、僕らはナイル沿いに集中する。アスワンへの電車はナイル沿いをひた走る。砂漠の真ん中に流れるこの大きな川岸にだけ、木々が生え畑が続き、人々が住む。その向こうはやっぱり砂漠で、なんだか少し不思議な景色だななんて電車に揺られ、思う。ナイル川が人々にとってどれほど重要か。古代エジプトから、現在までずっと。

150417_DSC02030.jpg

DAY 558 : TO ASWAN
There are so much to see in Egypt. The pyramids in Giza, the northern mediterranean city of Alexandria, the eastern beach towns along the Red Sea, the western archeological spots inside the Sahara dessert along the Nile and so forth. We wouldn't be able to afford the rest of the tip if we visit them all, so we decided to go just alongside the Nile. The train to Aswan run along the river all the way through the dessert. Trees grow and people have lives only by the riverside surrounded by nothing but dessert. It looked kind of strange to me while I was looking out through the train window. From the ancient times to the present, the Niles has been inevitable to human lives.


"Luxor to Aswan"

旅する映像 557日目 カルナックのタイムラプス



金色に光る、カルナック神殿、のタイムラプス。夕暮れどきのこの神殿は、昼間とは違う雰囲気になって素敵。赤く照らされた巨大な柱とゆっくり伸びる影が神秘的に見えて、昼間のそれよりも3割増しで神々しく見える。最近、何だか遺跡に飽きた気がしていたけれど、やっぱりいいなぁ、なんて思った夕暮れのカルナック神殿。

そして、今回の旅から持ち歩いている、タイムラプス専用の移動レール。旅にも持ち歩けるコンパクトさのこのドリー、おすすめです。
Skypix Japan
http://www.skypix.jp

150416_IMG_8895.jpg
music by KAGINONE (Tokuro Oka, Kenji Yasuda)
http://www.kaginone.com

DAY 557 : TIMELAPSE IN KARNAK
A timelapse movie of shining gold Temple of Karnak. It changes its look during the sunset; the pillars reflected the sun in red with its shadow down on the ground penetrating the lights. It's quite mysterious and three times spiritual. The once tedious looking monuments felt kind of nice with the sunset.

The new gear I bought for timelapse shooting, a compact dolly which even fit in your backpack. Power push.

Skypix Japan
http://www.skypix.jp


"Luxor"

旅する映像 556日目 タバコ屋さんで店番



その街の治安ぐあいを図る、一つの目安として僕らが気にしているのは、塀の高さ。治安が悪いと言われる街ほど、塀は飾りではなく、敷居でもなく、侵入を防ぐものになっていき、最終的には電流が流れるワイヤーが張られるに至る。窓も同じで、およそ登れないであろう3階とかの窓にも鉄格子が嵌められるくらいになる。ここエジプトは、無防備さが素敵。テロ対策として、政府施設は警察と軍がガッチリガードしているものの、人々の家々は鍵をかけているのかすら怪しいほどだ。このタバコ店も同様で、頼んだ銘柄が無いからと他の店まで取りにいくのに、一介の旅人に店番を頼んでスタコラ行ってしまう。タイミング悪く、言葉も話せない日本人が店番をするワケわからないタバコ屋にお使いに来た少年が、眉を八の字にして困っていてもお構いなしで素敵だ。ここエジプトでも、モロッコでも感じた、地域の監視の目、みたいなものがうまく機能しているのかもしれない。あぁ平和だなぁ、とつくづく思う、ルクソールの夕暮れ。

150415_DSC02019.jpg

DAY 556 : AT THE CIGAR STAND
It is very important for travelers to know law and order. One of the things I check to measure the security level in a city is the height of the fence and the wall. It becomes higher, heavier and more shielding in less secured cities and even carries electricity in worst cases. Even the windows on the third floor are protected with iron bars. But here in Egypt, it is nicely defenseless. Although the police and the army protect the political institutions against terrorism, I have a feeling that the houses are even unlocked. Same here, he asked us to watch the stand while he find what I asked for somewhere else. there was an unlucky boy who came while a couple of anonymous foreign travelers are watching who don't even understand the local language. It may be the local community which work effectively to keep the peace. I felt that here in Egypt and in Morocco.


"Luxor"

« prev 1  2  3  4  5  6