旅する映像 555日目 ナイル西岸の遺跡群



遺跡を前にするとヨメは、よく喋る。喋っては黙々と歩き、写真を撮り、また黙々と歩く。すごいなぁ、ホントに好きなんだなぁとヨメの後ろを歩きながら常々思う。ただ遺跡について語りだすのが何だか偉そうで、今回の旅用に買ったサングラスがこれまた偉そうで、それがたまにイラっとくるので今後ヨメを"親方"と呼ぶことにする。それはそうと、今回廻ったナイル西側の遺跡群のうち、僕らが行ったのは3つ。王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿、ラムセス3世葬祭殿。どれもそれなりに見応えはあった。ただ、親方ほどの遺跡好きじゃないと、ちょっと飽きてくるのも事実。ちなみに王家の谷にあるツタンカーメンの墓は小部屋でしかなく、それだけで入場料100ポンド(1600円ぐらい)するので、それには流石の親方もご立腹していた。

150414_DSC00966.jpg

DAY 555 : MONUMENTS ON THE EAST SIDE OF THE NILES
My wife talk a lot in front of monuments. She keeps walking and talking, sometimes stop to take photos and start walking again. It's quite impressive how much she likes monuments. But the way she talks about it and the sunglasses she bought for the trip are somehow patronizing and irritating. So I decided to call her "Boss". Among all the archeological sites on the east side of the Niles, we visited three of them, Valley of the Kings, Temple of Hatshepsut at Deir el Bahari and Temple of Medinat Habu. I enjoyed all of them in a way, but to be honest, I am getting tired of monuments. FIY, Tomb of Tutankhamen at Valley of the Kings is just a little room for 100 pound (1600yen) to enter which made "Boss" angry.

"Luxor"

旅する映像 554日目 アリ、頼もしい



エジプトはボッタクられる。他の国も、旅行者相手にふっかけてくるところはたくさんある、けれど、この国はなかなかに手強い。観光客が減っているからか、元からなのか、グイグイとボってくるし、何かを買えば他のものも買わないかとまたグイグイしてくる。今僕らが泊まっているホテルの少年"アリ"は、そんなエジプトショッピングの強い味方で、彼がいればどこのお店も適正価格になる。言葉ができれば、長期滞在すれば、勝手がわかってそんなこともなくなるのだけれど、短期の滞在では頼れるのはアリしかいない。

150413_DSC01475.jpg

DAY 554 : ALI, MY MAN.
People rip you off in Egypt. I mean, tourists in general get ripped off in many countries but here it is tougher. Probably because less visitors or maybe it is their nature, they rip you off as much as they can and as many times as possible. The boy, Ali, who works at the motel we are staying, always help us negotiate. For a short stay without enough time to get used to their habit, someone like Ali, he is the one to rely on.

"Luxor"

旅する映像 553日目 ルクソールのお酒事情



イスラム圏は、やっぱり面白い。いろいろなことが違う。男女の関係性、豚肉を食べない、休日は金曜、町中で爆音アザーン1日5回。断食月はあるし、犠牲祭はあるし、服装も違うし。もちろんすべてイスラム教徒だからなのだけれど、よく見ていると、そのイスラムの教えの守りっぷりが人によって様々で、これまた面白い。お祈りを欠かさない人もいれば、出来る時にやるだけの人もいる。全身覆い隠す女性もいれば、金髪化粧バッチリの女性もいる。アルコールも禁止な筈だけれど、酒屋は何気に賑わっている。何かルールがあって、それをちょいちょい破ったり守ったりしながら生きていくのは、何ていうかどこの世界も一緒だな、なんて人間くささがわかりやすくて、やっぱり面白い。

150412_DSC01471.jpg

DAY 553 : DRINKING IN LUXOR
Many things are different from my standard and that is why it is interesting in Islamic countries. Gender is different, they don't eat pork, they don't work on fridays, and they play azan out loud five times a day. There are Ramadan, Eid al-Adha("Festival of the sacrifice"), and special uniforms which are all their own customs. Looking closer, I found that some people are more strict and disciplined than the other; how often they pray and how much women cover their bodies. Even so that alcohol is supposed to be prohibited but somehow the liquor shops are busy. Indeed, it is interesting to see as a part of humanity, following and breaking certain rules and live everyday lives. I see that everywhere I go.


"Luxor"

旅する映像 552日目 カルナック神殿



ルクソールは、遺跡だらけ。街の真ん中にはルクソール神殿。ナイル川沿いを少し歩けば、カルナック神殿。ここ、結構面白い。太い柱が何本もならんで大迫力だったり、オベリスクがまっすぐに立っていたり、未だ色の残る壁画があったり、広めの敷地の中、ヨメが縦横無尽に歩き回る。とはいえ復元されているのはまだ中央部だけで、あたりにはヒエログリフが彫られた岩が並べられていて、パズルのように積み上げられるのを待っている。当時を再現した復元後の場所と、まだ手付かずの場所、両方見られるのが個人的には面白かった。

150411_DSC00911.jpg


DAY 552 : TEMPLE OF KARNAK
We found monuments everywhere in Luxor. Luxor Temple right in the middle of the town, Temple of Karnak along the Niles. It is very entertaining. There are big fat columns, an obelisk standing straight and still colorful fresco painting on the walls. My wife walked around freely in the site, it seemed only the center part has been restored and there were piles of blocks and stones with hieroglyphs in other areas. The contrast between the two, restored and untouched, was interesting to see.


"Luxor"

旅する映像 551日目 ヨメ、マユ毛抜かれる



旅中、できるだけお金を持ってなさそうな貧乏旅行者だと思われるため(強盗に狙われにくくするため)に、髪の毛をバッサバサに伸ばし続けている。見た目旅っぽいし、長髪いいじゃんとも思ってたりもする。ただ、頭の両サイドは刈り上げていて、この部分を刈り上げ直すために、各国の床屋にちょくちょく通う。これが意外と面白く。言葉のわからない現地では、髪型のオーダーなんて最上級に難しいコミュニケーションなのだけれど、バリカンと刈り上げはどの国でも当然のようにあって、ジェスチャーと擬音だけで通じてしまう。そして、どんな田舎街にも床屋はある。おかげで僕は両サイドを常に刈り上げていられるのだが、ヨメが巻き込まれたのは初めて。刈り上げは免れたけれど、眉毛を豪快に減らされて、しばらく彼女は無言だった。新しいアダ名はヤンキー。

150410_DSC00865.jpg

DAY 551 : MY WIFE GOT HER EYEBROWS PLUCKED
I intentionally leave my hair grow while traveling to look like a mess for self-protection (less chance to get robbed). I look more like a traveler with my hair long and like it. However, I go barber shops kind of often in each country to shave the sides of my head and it is quite interesting. Without a common language to communicate, it supposed be one of the hardest things to do to order a hair style. Yet I can find an electric shaver and a barber everywhere I go and all I need is a gesture and a sound. What a fortunate, I can keep my sides shaved and clean all the time but this time they cleaned up my wife's face. She stood silent looking at her eyebrows plucked.


"Luxor"

« prev 1  2  3  4  5  6