旅する映像 593日目 だいすきタジン鍋



ヨメいわく、旅のごはんベスト3には必ず入るという、タジン鍋。野菜をたくさん摂れるのが女性には嬉しいようで、モロッコに来ると決めた時から楽しみにしていた。各ご家庭やレストランによって、ちょっとずつ違いもあるのだけれど、僕らの認識は肉と野菜をじっくり蒸したもの。形はそのままだけど、ものすごく柔らかくなった野菜に、肉の味が染みていて、そしてスパイスが絶妙。初めて食べた時に、肉じゃがかと思ったほど、どこか懐かしいような気もして、とにかく僕らは大好きタジン鍋。ヨメは鍋を買って送ろうか本当に悩み中。

150530_DSC05693.jpg

DAY 593 : LOVE TAJINE
According to my wife, tajine is one of the top 3 best travel cuisines of the world. Especially for her, a vegetable lover, she had looked forward it from the moment we decided to go back to Morocco. From what I know, tajine is steamed meat and vegetable with spice. The vegetables are soften, and sucked all the meat juice in harmony with spices. When I had it for the first time, it reminded me of a Japanese traditional dish. We love tajine so much. My wife is thinking whether she should buy the pot to send back way too long.

"marrakech"

旅する映像 592日目 マラケシュに帰ってきた



カサブランカから、早速マラケシュへ。3時間ほどの電車からの景色は、地中海性気候からステップ気候へと変わっていく様が顕著で、これがまた面白い。風景が緑の牧草地帯から荒っぽい砂漠へと変わっていく。車窓にヤシの木が見えだしたころ、マラケシュに到着。以前に数ヶ月居座ったこの街、やっぱり懐かしい。基本的にいつも初めて訪れる場所を転々とするバックパック旅では、同じ場所に戻ってくるというのは少ない。その分、来たことある場所へと戻ってきたりすると、帰って来たぞーと気分は盛り上がったりする。予約の電話をする際、「スズキ」と名乗れば全てが通じてしまうほどの定宿に向う途中、昔通っていた商店のおじさんと感動の再会。覚えていてくれて、しかも再会を喜んでもらえるのは、本当に嬉しい。宿のおじさんともさらなる感動の再会をし、昔と同じ部屋に荷物をおろす。ほっとする。

150528_DSC05670_02.jpg

DAY 592 : BACK IN MARRAKESH
We left Casablanca for Marrakesh. For about three hours of train ride, we enjoyed a changing view from the green grassland of Mediterranean climate to the harsh dessert of steppe climate. As soon as palm trees started to appear, we arrived Marrakesh. We felt back home in this city since we, as backpackers, rarely go back to the same place again. Feeling excited to be back on the way to the familiar hotel where "Suzuki" means us on the reservation call, we reunited with the familiar guy from the store we used to go everyday. Not just the fact that he remembered us, but also that he was so happy to see us again meant so much to us. Even more happily reunited with the hotel owner, we felt at home in the same room we used to stay.

"Casablanca → Marrakech"

旅する映像 591日目 また来てしまったモロッコ



モロッコに来た。また来た。また来てしまった。エチオピア滞在の延長を諦め、さて次はどこに行くかと考え出したらいつのまにかこの国に決まっていたモロッコ。入国の回数だけで言うと実に5回目、合計滞在日数は半年を超えるモロッコ。縁がありすぎて、むしろ怖くなる。一年半前、カサブランカから南アフリカへ飛び、そこから北へ北へと一年ほどアフリカ大陸を縦断した。日本への一時帰国もあったけれど、モロッコを出てからずっと他のアフリカの国々を旅していたことになる。そして、再び戻ってきて思ったのは「モロッコほぼヨーロッパ」。初めてスペインから海を渡って入国した時は「うわ超異世界」みたいに感じたのだが、もっと異世界だったアフリカの国々に比べて、随分ヨーロッパの影響が強いことを改めて知った。長かったアフリカ大陸も、モロッコでひとまず最後(多分)。すこしこの国で映像なんか作って、夏が終わるのを待ってから、ヨーロッパからユーラシア大陸を東へ向かおうと思う(多分)。

150527_DSC05652.jpg

DAY 591 : WE ARE IN MOROCCO, AGAIN.
We are here again, in Morocco, again. After we gave up extending our stay in Ethiopia, among many choices for our next destination, it just turned out to be this country, Morocco, as our fifth time visit with the total length of stay exceeds a half a year. I almost feel the force which kind of scares me. About 18 months ago, we flew to South Africa from Casablanca and crossed the African continent upward to north for about a year. Besides a short stay in Japan, we were traveling mostly in African countries. Now back in Morocco, it feels quite Europe. Despite the first impression being totally different world coming from Spain, it has so much European influences here in Morocco compared to other African countries. Our long trip in Africa ends here in Morocco for now (likely). We will head to Europe and to Eurasian Continent after spending summer here making some movies.

"Casablanca"

旅する映像 590日目 アウストラロピテクスのルーシー



エチオピア最終日。アウストラロピテクスの"ルーシー"に会いに、エチオピア国立博物館へ。ビートルズの曲名から名付けられたというこの、318万年の猿人の化石は世界的にも有名らしく、それはぜひとも見ておきたいと博物館へ急いだ。「すべての人類はアフリカの一人の女性にたどり着く」そんな記事を以前ネットで読んだのを覚えていて、それがこのルーシーか!と並べられた骨を前に勝手に興奮しヨメに力説していたのだが、それは「ミトコンドリア イブ」と呼ばれる人類の進化に関しての学説の一つで、全く別物だった。浅い知識は怖い。ともあれ有名なルーシーに感動し、さらにそれより古い猿人の化石"アルディ"もすでに発見されていることに驚き、そしてヨメは並べられた骨に何故か超興奮し、夫婦ふたりとても楽しんだ博物館見学だった。世界中で発見されている人類の化石はやはりアフリカで多く見つかっていて、その中でもエチオピアは特に多い。もしかしたら、人類発祥の場所かもなんて思えてしまう。コーヒー発祥の地とか言われたり、伝統文化がたくさん残っていたり、エチオピア正教もやっぱり独特だし、溶岩むき出しの砂漠やアフリカの屋根と呼ばれる大自然に至るまで本当この国は見所が多く、なんだか深みも感じられて本当に面白い。今回2回目のエチオピア滞在。ビザの延長に一人100ドル必要と言われ泣く泣くこの国から出国することを決めたのだけれど、多分また来てしまう。まだ南部に住む少数民族たちに会えていないし、エチオピア正教の場所ももっと見たいし、ラスタファリズムの地にも行ってみたい。あぁ、もう、エチオピア大好き。

150525_DSC05620.jpg

DAY 590 : LUCY THE AUSTRALOPITHECUS
Our last day in Ethiopia. We went to the national museum to see "Lucy" the australopithecus who is a world famous fossilized pithecanthropus from 3,180,000 years ago named after the Beatles' song. There was an article which I read on the internet talking about that all living humans were descended from one specific woman. I was so excited in front of Lucy explaining my wife about the article, completely misunderstanding the theory, Mitochondria Eve had nothing to do with Lucy. What a douche. Anyways, I was impressed by Lucy and Ardi, an even older fossilized pithecanthropus, my wife was so excited about the exhibited bones, just both of us had so much fun at the museum. Much of the human fossils found on earth are from the African continent, especially from Ethiopia. It seemed convincing enough to me that it is an origin of human race. There were more than I expected in this country; the coffee culture, the unique traditions still remained today, the Ethiopian Orthodox Church, the rocky lava dessert and the roof of Africa, not just interesting but deep. It was the second stay in Ethiopia of our trip. We only had to leave because of the visa money but there are so much more to see; the southern tribe people, yet more to see about the Ethiopian Orthodox Church, and the Rastafarianism spots, , , I love Ethiopia so much.

"National museum of Ethiopia"

旅する映像 589日目 エチオピアの伝統ディスコ



アディスアベバの夜の街へ、エチオピアの伝統的な踊りを見に繰り出す。薄暗い部屋の中で、伝統楽器の生演奏と生歌に合わせて伝統衣装を着た女性たちが、客の前に立ち小刻みに肩を動かし踊る。お客さんも向かい合って踊り、一緒にブルブルブルブルする。歌を歌ってるおじさんはMCも兼ねているようで、即興の歌詞で客をいじったりして爆笑をとっている。ちょっと他で見ない、面白いエチオピアの夜の娯楽。伝統舞踊が見える観光客用レストランかと思ってきてみたら、現地の人が普通に飲み来る場所で少し驚いた。例えて言うなら参加型のディナーショーのような、伝統音楽のライブハウスなような。そんな伝統的なものが、そのまま娯楽として存在するのが、とても興味深い。外資系の会社やお店をみかけなく、街で流れている音楽もアムハラ語の曲ばかりなこの国をみていると、本当独自の文化でそのまま進んでいるなぁとよく思う。アフリカ最古の独立国であり、欧米やイスラムの影響がものすごく強い他のアフリカの国々の中で、なんだか特別な国に思えてきて、エチオピア、ものすごく面白い。

150524_DSC05610.jpg

DAY 589 : ETHIOPIAN TRADITIONAL DISCO
We went out to see the Ethiopian traditional dance at night. In a dim light, a couple of ladies in traditional costume were shaking their shoulder to the rhythm and dance in front of the audience along with the live performance by traditional instruments and the vocals. The vocal guy does the MC, making audience laugh hard with his own improvised lyrics. Quite unique Ethiopian night entertainment. Despite my expectation for it to be a touristic restaurant with a stage to show traditional dance, it was a local restaurant with local people eating and drinking. It is interesting how the traditional dance remained as one of the entertainment standards. Their culture is as unique as their lives, without too much foreign capital and music around the town. Among other African counties excessively influenced by Western and Isramic economy and culture, Ethiopia is very special and interesting as it is an oldest independent country in the history of Africa.

"Addis Ababa"

1  2  3  4  5