旅する映像 604日目 幸せのティズギー村



こんなに素敵な体験もなかなか無い。本当に楽しくて幸せなティズギー村の夏休みだった。アルガンオイル作りですっかり皆と仲良くなったヨメは、出発の朝も早くから、名残おしそうに村を練り歩く。東京で流れている時間と、この村に流れている時間と、ホントに同じ1日24時間なのかと疑ってしまうほど、ゆっくりと時が流れていたティズギー村。ここは豊かだなあ、なんてちょっと思ったりする。夫婦共々名残惜しくて、マラケシュに帰るのすらちょっと嫌だったりしたけれど、いい加減旅を再開しなければ。いつか、もっともっと長くお邪魔してみたい。村のみなさん、誘ってくださったエリドリッシー家のみなさん、本当にありがとうございました。

150824_morocco.jpg

DAY640 : HAPPY VILLAGE, TIZGUI
It was such an once-in-a-lifetime event which made our summer vacation full of fun and happiness. On the day of departure, my wife woke up early to walk around the village, reminiscing about the days she spent with them. Time went by so slow here in Tizgui compared to Tokyo. Life looked good in this village. We were both so reluctant to leave and go back to Marrakesh although we knew we had to. Some day we will be back and spend more time. Big thanks to all the people here, and especially to the family who invited us.

"To Marrakech"

旅する映像 603日目 アルガンオイルのつくりかた



ティズギー村のアルガンオイル作り。このモロッコ南部にしか自生しないアルガンの木。この地方に昔から住むベルベル民族伝統のオイル作り。この仕事は主に村の女性たちの仕事。アルガンの種の硬い殻を一つ一つ叩き割り、白い小さな中身を集めて石臼で轢き、液状になったところで熱しながら混ぜ続け、じっくりとオイルを絞り出す。その手間と大変さは、想像以上だった。村の女性たち総出で1日かけて作ったオイルは数リットル。ワイワイと賑やかに、歌いながらオイルを作り出す彼女たちはとても可愛らしく華があり、ウットリじっくり眺めてしまうほどだったけれど、このオイルがどれだけ貴重なものか、よくわかった1日だった。その工程を全て手伝わせていただいたヨメは終始ホントに楽しそうで、村の人々とも一気に打ち解け、素敵な1日だったと思う。ちなみに100%のアルガンオイルをパンにつけて食べるのが、他の何よりも美味しかった。


DAY603 : HOW TO MAKE ARGAN OIL
In Tizgui, people make oil in a Berberian traditional method from argan which is unique to Southern Morocco, mainly by women's hands. Crushing the hard shell of the seeds one by one, grinding the pieces of white core into liquid, warming and stirring it up to squeeze the oil. It was way more complicated and difficult than I expected. Every women in the village spent one whole day singing and working to make just a couple of liters of this rare argan oil. They were so adorable that I couldn't help staring at them. My wife helped through all the process looking very happy and seemed to have a great day getting along with the villagers. By the way, bread with 100% argan oil taste better than anything else.


アルガンオイルのつくりかた
HOW TO MAKE ARGAN OIL

アルガンの実を拾いに、山へ。
Go to the mountains to pick the seeds.
150727_Morocco_edit_02.Still028.jpg

集めた実を、天日に干して乾燥させます。
Dry the fruits under the sun.
150727_Morocco_edit_02.Still029.jpg

実から、種を取り出します。(実の部分はヤギの餌に使用)
Take away the seeds from the fruits. (The shells are for the goats)
150727_Morocco_edit_02.Still031.jpg

石で殻を叩き割り、中身を取り出します。(殻は燃料として使用)
Crack the seeds with the stones and take the inside out. (The shells for fuels)
150727_Morocco_edit_02.Still032.jpg

取り出した中身を煎ります。(コスメ用のアルガンオイルは煎りません)
Roast the inside. (Skip roasting for cosmetic use)
150727_Morocco_edit_02.Still034.jpg

石臼で少しずつ轢いていきます。
Grind it in a millstone.
150727_Morocco_edit_02.Still035.jpg

全て液状になるまでひたすら轢きます。
Keep grinding until it is liquidized.
150727_Morocco_edit_02.Still036.jpg

応援がてら、歌います。
Sing a cheering song.
150727_Morocco_edit_02.Still037.jpg

液状になったら、少量の水と塩を入れ、かき混ぜます。
Add a little water and salt when its liquid and stir it up.
150727_Morocco_edit_02.Still038.jpg

炭火の上で、ひたすらかき混ぜます。
Keep stirring over a fire.
150727_Morocco_edit_02.Still039.jpg

実が固まっていき、オイルが出てきたところで、
When the liquid gets stiff and the oil is separated,
150727_Morocco_edit_02.Still040.jpg

搾って、オイルを集めて
Squeeze the oil out of the rest,
150727_Morocco_edit_02.Still042.jpg

瓶に入れたら、完成です。
Put it into a bottle.
DSC07377.jpg

記念写真も忘れずに。
Don't forget a photo shoot.
DSC07399.jpg

"Villeage Tizgui Igrdan Ait Bouskri Iwzioua Taroudant, Morocco"


旅する映像 602日目 アルガン村の夏休み 2日目



モロッコの田舎で夏休み2日目。今日は、ティズギー村から歩いて1時間半の隣村へ遊びに行く。山を越え、アルガンの木が並ぶ道をひたすら歩いた先の、川沿いの村。水が豊富な村で、ティズギー村よりも少し大きく畑も多かった。ユセフの友人のご自宅へお邪魔する。ミントティーから始まり、ヤギ肉のタジン鍋や、お米とバターのおかゆみたいなもの、だとか、とにかくたくさんのおもてなしが待っていた。この村ではアルガンの収穫が始まっているようで、家々の屋根には山で集めてきたアルガンの実が干されている。ここでヨメ、ちょっとだけアルガンオイル体験。家族総出のレクチャーのもと、ベルベル語の掛け声に合わせて硬いアルガンの種を砕き、オイルのもととなる白い中身を取りだす。ひと盛り上がりした後、川辺を散策。ぶどうやイチジク、アーモンドに洋ナシ、そこら中に自生している果物をもいでは、川べりを歩きながら食べまくる。そうこうしているうちに月が昇り、今日も1日が終わる。ああ夏休み。

このティズギー村の田舎体験を、一緒に行ったユセフがツアーとして開催してくれるそうです。もしご興味のある方は、ご一報くださいませ!

150728_Morocco_edit.jpg

DAY 602 : SECOND DAY OF SUMMER VACATION IN ARGAN VILLAGE
The second day of summer vacation in Moroccan village. Today, we visit the neighbor village by 1.5 hr walking from Tizgui over a hill on an argan tree road. It is a riverside village a little bigger than Tizgui, with rich water resources and therefore bigger farm fields. We were invited to a home of a friend of Yusef's. They treated us very warmly with so much food such as mint tea, goat meat tajin, butter rice porridge, and so on. This village was already in the middle of their harvest. My wife had a chance to learn how to make Argan oil from the family. With the Berberian shout, they crushed the Argan nuts and took out the white core from which they make oil. After that we walked around the river, ripping and eating grapes, almonds, pales out of the trees. And the we realized there was a moon over the head. Indeed, today is almost gone.

"Amzaourou"

旅する映像 601日目 アルガン村の夏休み 1日目



アルガンオイルを作りにいこう、1日目。まるで田舎のおばあちゃんちで過ごす夏休みのような、そんな素敵な日々の初日。バブーシュ工房の映像からずっとお世話になりっぱなしの、エリドリッシーさん一家にお誘い頂いて、ご実家へお邪魔させていただくことに。「ティズギー」という、20家族ほどが住む小さな山村へ、超仲良しのユセフと共に向かう。彼もこのご一家の次男。マラケシュから南へバスで山脈を越え、車をチャーターし、未舗装の道を進みさらに山を越える。アルガンの木と山々に囲まれたティズギーでは、昔ながらの手法でアルガンオイルを作っていて、夏のシーズンの今がちょうど、収穫の時期なのだそうだ。実のなるアルガンを横目にようやく村に着くと、おじいちゃんとおばあちゃんが迎えてくれた。山の斜面に並ぶ土レンガの、モロッコ昔ながらの家々の一つが、ご実家だった。意味不明な日本人夫婦を物凄く暖かく迎えてくれ、次から次へと色んな食べ物が出てくる。果物も野菜もヤギの肉も、全部この村で採れたものばかりらしい。電気は通ってるが水道はなく、女性や子供たちがポリタンクを持って、山の湧き水まで汲みに行く。村全体が一つの家族みたいで、みんなが皆顔なじみのようだ。初日の僕らは、村をぐるりと案内してもらい、熟れた果物を捥ぎ、疲れては昼寝をし、また村を歩くのを繰り返し夕日を迎えた。アルガンオイル作りの気配はまだ感じられなかったが、とにかく素敵な日々の始まり。

このティズギー村の田舎体験を、一緒に行ったユセフがツアーとして開催してくれるそうです。もしご興味のある方は、ご一報くださいませ!

以前一緒に作ったバブーシュ工房の映像も是非!
https://www.youtube.com/watch?v=HnCnMOC398E

150727_Morocco_edit_Still026.jpg

DAY 601 : SUMMER HOLIDAY IN ARGAN VILLAGE - DAY 1
Let's go make argan oil, day 1. It feels like the beginning of one fine summer holidays at grandma's in the countryside. We were invited to our friend's family home in the small mountain village called Tizgui. Yusef, the second child of this family, and I met last time I was in Morocco and I made a promotion video for the babouche factory. There are only about 20 families lives in this village. We took a bus down southward from Marrakesh to go to the other side of the mountain range, and then transferred to a private van to go rough dirt roads deeper in the mountains. Surrounded by argan trees and mountains, the villagers make argan oil using traditional method and were in the middle of picking season. Through argan trees heavy with fruits, we finally arrived at the village with a warm welcome from Yusef's grandparents. Their home was one of the traditional Moroccan brick houses on the mountain slope. They treated a strange Japanese couple like us with so much hospitality and food. Everything from goat meat to fruits and vegetables are made in the village. They have electricity but no running water, women and children with plastic bottles go take some from the mountain spring. The whole village is like one big family, everyone knows everyone else. On the day we arrived, they gave us a trip around the village, plucking fruits and taking a nap, until the sunset time. It was the beginning of wonderful days.


Yusef is organizing a village tour in Tizgui, contact me if interested!


The babouche factory video produced by me
https://www.youtube.com/watch?v=HnCnMOC398E

"Villeage Tizgui Igrdan Ait Bouskri Iwzioua Taroudant, Morocco"

旅する映像 600日目 あやしい街と山の村



一夜明けて、ラマダン中のムーレイブラヒム。断食月のラマダン、その最中はみな、水すらも飲めない日中を乗り切るために、お店は閉まり、家でゆっくりとしている。僕らが意気揚々とやってきたこの街も同じで、お店はシャッターが閉まり、街はがらんとしていた。一風変わった街と噂を聞きやってきたこのムーレイブラヒム、普段はまじないや占いなどのお店が並んで、ちょっと異様な雰囲気らしい。閑散とした街中で唯一見つけた変なお店には、その片鱗を見ることができた。店先にぶら下がった動物たちが、怪しさ半端ない。優しそうな店のおじさんが、なおさら怪しく見えてくる。

150712_DSC06020.jpg

DAY 600 : A BIZARRE TOWN AND A MOUNTAIN VILLAGE
It was in the middle of ramadan in Moulay Brahim. Every shops are closed and everyone is staying home resting in order to survive the harsh ramadan period, not even drinking water is allowed during the day. While most of the shops are closed in the empty town, we found a mysterious shop with animals hanging from the ceiling in the entrance. The old male shop staff seemed too nice to be normal.

"My Brahim - Imlil"

1  2