旅する映像 600日目 あやしい街と山の村



一夜明けて、ラマダン中のムーレイブラヒム。断食月のラマダン、その最中はみな、水すらも飲めない日中を乗り切るために、お店は閉まり、家でゆっくりとしている。僕らが意気揚々とやってきたこの街も同じで、お店はシャッターが閉まり、街はがらんとしていた。一風変わった街と噂を聞きやってきたこのムーレイブラヒム、普段はまじないや占いなどのお店が並んで、ちょっと異様な雰囲気らしい。閑散とした街中で唯一見つけた変なお店には、その片鱗を見ることができた。店先にぶら下がった動物たちが、怪しさ半端ない。優しそうな店のおじさんが、なおさら怪しく見えてくる。

150712_DSC06020.jpg

DAY 600 : A BIZARRE TOWN AND A MOUNTAIN VILLAGE
It was in the middle of ramadan in Moulay Brahim. Every shops are closed and everyone is staying home resting in order to survive the harsh ramadan period, not even drinking water is allowed during the day. While most of the shops are closed in the empty town, we found a mysterious shop with animals hanging from the ceiling in the entrance. The old male shop staff seemed too nice to be normal.

"My Brahim - Imlil"