旅する映像 703日目 カトマンズのシヴァラトリ



トレッキングで全体力を使い果たした僕らは、カトマンズに戻り、連日ゆっくりマッタリ過ごしていた。部屋でダウンジャケットを重ね着しなくてもすむし、何よりトイレの水が凍らない。都会の生活は楽でいい。そんなありがたみを感じているうちに、街はお祭りシーズンに突入した。ヒンズー教の神様シヴァ神を称えるお祭り、"シヴァラトリ"。カトマンズのお寺、"パシュパティナート"では、数十万人も集まる一大行事が行われるのだとか。部屋に篭る僕らに見かねたホテルのスタッフに勧められ、僕らはタクシーで現地へと向かった。そもそもこのお寺は有名な巡礼地であり、観光地。寺の外から人でごった返し、お参りの人の列がお堂ごとに連なっている。そして川岸はカオスだった。寺にはガンジス川の支流が流れ、インドのバラナシで有名な火葬場がここにもある。祭りの日である今日も火葬は休むことなく行われ、目の前で川で清められた遺体が、順番に火葬されていた。が、そのすぐ隣では、爆音で音楽が流れ、大観衆が大歓声。火葬場の横で、まるでコンサートのように人々は盛り上がり、すごく楽しそうだ。その目の前では巡礼の人が川で身を清め、祈りを捧げる。さらにその横では、引き続き火葬が行われている。色々なものが入り混じっていて激しくて、面白いけどなんだか圧倒されたお祭りだった。なぜだか、そろそろ引きこもり生活をやめようと思えるようになった。

170223_India_thumbnail.jpg

"Pashupatinath"

1