旅する映像 706日目 思いがけずのヒンズー巡礼地



インドの春のお祭り"ホーリー祭"、本番前夜。ホーリー激戦区と呼ばれるブリンダーバンの町から20km離れたここゴーバルダンは、なぜかホーリー当日より賑わっていて驚いた。本当に大勢の人たちが列をなして裸足で歩き、いきなり地面にうつ伏せでひれ伏してはまた歩いていく。そしてその列はずっとずっと続いている。突然出くわした光景に僕らはどうしていいかわからず、とりあえず靴だけ脱いでみた。どうやらこの街にはクリシュナ神が残した伝説の丘があるそうで、ヒンズー教の巡礼地の一つらしい。街をぐるりと巡礼の道が囲み、その長さは20km以上。そこを皆練り歩き、お寺にお参りして周る。もちろん外国人は一人たりとも見当たらない。まごまごしながら裸足で彷徨っていた僕らに、一人のおじさんが何だか仕方なさそうに話しかけてくれた。入っていいのかわからず遠巻きで見ていたお寺に、手を引いて連れて行ってくれた。花と牛乳を買い、いくつもある像にかけて周り、祈る。寺の中は牛乳と粉でえらいことになっていたが、その上で老若男女は踊り狂っていた。お布施をすると顔に色の粉を塗ってくれるので、これもホーリー祭に関係しているのだろう。お寺にはネオンが光り、音楽はスピーカーから爆音で、一見パチンコ屋かと思うほど厳かとは真逆な世界。けれどみんな楽しそうで、でもどこか真剣で、そしてやっぱり激しかった。

170309_India_edit_iphone.00_01_06_15.Still003-2.jpg

"Goverdhan"