旅する映像 756日目 ヒマラヤふもとのネパール紅茶



突然だけれど、昔テレビでやってた「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」。あの番組の、"何を作っているのでしょうか?"という何かの製造工程をクイズにするコーナーが大好きだった。そのせいか、今でも何かを作っている様子を見ると、ちょっと萌える。旅を再開したばかりの僕らは、ネパールまでその萌えを追ってやって来た。到着したのは、ネパール東端にある標高2000mの山村、イラム。近くにはエベレスト、K2に続く世界第3位の山「カンチェンジュンガ」がドドンと構える、ヒマラヤふもとの小さな村。インドのダージリンと国境を挟むこの辺りはネパール有数の紅茶の産地らしく、僕らは今回、その紅茶を作る様子で萌えようと思ったのだ。霧に包まれた茶畑で大きなカゴを背負った女性たちが茶葉を摘む。その姿はどこか愛らしく、でもその手さばきは超高速。摘まれた茶葉は馬の背で工場に運ばれ、乾燥させ発酵させて、丸一日ほどで紅茶葉になる。やっぱりその様子は見ていて楽しい。地域一帯でオーガニック生産を行なっているというこの農園の紅茶は本当に美味しくて、とても素敵で萌えた旅の始まりになった。

ちなみに、友人が直接買い付けているこの農園の紅茶、以下のリンクからご購入いただけます!紅茶お好きな方、ぜひ一度お試しくださいませ!
Link Tea
https://linktea.jp/commitment/

190506_Nepal_2019_thumbnail_03.jpg
"Ilam, Nepal"