旅する映像 464日目 ダーバンのビーチ



沖に向かって真っ直ぐ伸びる、黒い人だかり。アパルトヘイト時代、南アビーチには黒人専用、白人専用と人種で遊泳区域がハッキリと分かれていたそうな。同様に住む区域もキッチリと分けられていて、その名残は今もバッチリ残り、旅中にたくさん見ることが出来た。と、いうことはこのビーチでの不思議な人だかり、この一直線上のラインしか彼らは海に入れないというアパルトヘイトの名残があるのか!と思ったけれど、どうやらそんなことは無いようで、ただ遊泳禁止区域との分け方が変なだけだった。クリスマスシーズンが近づいてきたダーバンのダウンタウンは黒人居住者が多く、このビーチのように賑やかで、そしてちょっと治安が悪い。アフリカは色々と考えさせられる。

131203.jpg
A crowd of black people in line straight towards horizon. During the apartheid era in South Africa, the beach was segregated between white and black. Likewise, the residential area had distinct border which remain obvious until these days. The straight black line seemed to me like a restricted swimming area for them as relic of apartheid but it wasn't. The town of Durban in the christmas season is full of black immigrants. It is busy like the beach and a bit less safe. I am often contemplating in Africa.

translated by Mizue Kawamura

"Sani Pass - Durban"

View Larger Map

旅する映像 444日目 ブルームフォンテーンの素敵宿



ブルームフォンテーンの素敵宿。まだまだ残るアパルトヘイトの名残なのか、白人と黒人の住むゾーンははっきりと分かれていて、ダウンタウンを歩いているのは黒人。治安も悪く、白人たちが住むエリアは郊外で同じ国かと思うほど綺麗に整備されていて、まだ割と安全。ブルームフォンテーンのこの宿は、白人の住むエリアのゲストハウスで、やっぱり街中の安宿とは何かが違う。南アの白人たちはこういうプール付きの家に住んでいるのかとちょっと羨ましくも、街中でビッグファミリーでアパートに暮らす黒人と比べてみて何だかちょっと複雑な気持ちになる。

Mulberry Inn | Bloemfontein
www.mulberryinn.co.za

131113_IMG_9781.jpg
A nice guest house in Bloemfontain. As it may be the remnant from the days of apartheid, there is a definitive border between the white residence and the black. Downtown area is poorly secured and occupied with the black people. In comparison, the clean and secured suburban area is well prepared for the white people. The guest house is located in the white neighborhood and apparently things are different from the cheap motels in downtown. I felt a bit jealous with the white people in South Africa living in the nice houses facilitated with pools. But at the same time, the comparison between them and the big black families living in apartments in downtown somehow shook my emotion.

translated by Mizue Kawamura

"Bloemfontein"

View Larger Map

旅する映像 443日目 頑張って移動する鈴木



南部アフリカをぐるりと廻ってまた南アに戻ってきたのは、モザンピーグのビザ取得のため。ニコニコ即日発給されるプレトリアのモザンピーク大使館で右往左往しながら無事にゲットし、南アの国土の中にある小さな空の王国レソトへ向かうため、そこまでのミニバスが出ているブルームフォンテーンという街まで移動する。南アは首都機能をケープタウン、プレトリア、ここブルームフォンテーンの3都市に分けているそうで、よっしゃ制覇とちょっと喜んだような気がする旅する鈴木。

131112_131110.jpg
We came back again to South Africa all around Southern Africa, for visa acquisition of Mozambique. With the easy-to-get visa from the Mozambique embassy in Pretoria, we went to a city called Bloemfontein to catch a mini van heading to a small sky kingdom in South African country, Lesotho. Bloemfontain is last one of the three capital cities (Cape Town and Pretoria are the rest) with the South Africa's metropolitan functions. So I shall feel a little acomplished.

translated by Mizue Kawamura

"Pretoria - Bloemfontein"

View Larger Map

旅する映像 442日目 北斗の拳



ヨハネスブルグから50kmぐらいの都市、プレトリア。危ない危険治安悪いとウワサ高いヨハネスを避け、多くの旅行者はこの街を拠点にするとかしないとか。じゃぁ安全なのかこの首都は、と思いきや、入っちゃいけないゾーンに近づくと、じわじわと雰囲気が悪くなってくる。悪名高いウワサからの僕の危険地帯のイメージは、あの北斗の拳の世界観で、さぞふざけた時代が待っているのかと思っていたのだけれど、バスで通り過ぎたヨハネスもここプレトリアの入っちゃいけないゾーンも、そこまでのモノではなかった。もちろん普通のご家族もたくさん住んでいるはずなのだし、よほどの内戦にならない限り無法地帯にはならないんだろうなぁと勉強になった。ただ、ダーバンという街の入っちゃいけないゾーンで、セメント被った白い子どもたちが呆然と歩いているのを見たときはチョットひいた。

131111_DSC00778.jpg
About 50km from Johannesburg which is known as a dangerous city for its poor security, many travelers stay in Pretoria as their base town. However this well known safe city changes its expression once I approach the deeper zone. Aside from my own anime-oriented impression of dangerous zone, neither Johannesburg nor the deep zone of Pretoria didn't surprise me much. I figured that there must be a lot of families living in and a city wouldn't go lawless unless it was in a serious civil war. Nevertheless it kind of blew me when I saw children covered with white cement walking unconscious in the deep area of the city, Durban.

translated by Mizue Kawamura

"Pretoria"

View Larger Map

旅する映像 412日目 サイモン'ズ タウン



小さな海沿いの街、サイモンズタウン。海沿いを通る喜望峰への道の途中、一瞬で通り過ぎてしまう、本当に小さな街。でも近くにペンギンの住む浜があり、沖にはクジラが現れ、突然すぎて撮れなかったけどハーバーには普通にアザラシがひっくり返って泳ぐ。建物はヨーロッパの雰囲気でオシャレな感じだけれど、街全体の形がどこか西部劇に出てくるようなソレに見えて、ふむうなるほどと考える。大航海時代、そしてその後ヨーロッパから世界中へ移住した入植者たち。アメリカもカナダもオーストラリアもニュージーランドもインドも南アフリカも、でもって南米もアジアもその他のたくさんの国々も、彼らが持ち込んだものが基盤となって今も続いている。それが良かったことなのか、侵略だったのか。アフリカに入って、白人という存在が、何だか妙に気にかかる。

Simon's Town. Small town. There is Penguins, Whales and Seals. Beautiful town.

131012_IMG_8130.jpg
"Cape TownからSimon's Town"はこちら。

View Larger Map

1  2  3  4