旅する映像 465日目 モザンビークのマプト



アフリカのことを、ふわっとしたイメージでしか知らないんだなぁとよく思う。来る前、現地の人たちはそれぞれの部族ごとの言葉を話しているもんだと思っていた。実はそのイメージはそんなに間違っていなくて、事実、民族ごとの言葉はそれぞれあり、ご家庭で皆さんガッツリと話されている。旅をしていてよく聞くのだけれど、違いはサッパリ分からない。舌を「チッチッ」とならすのが発音の一部だったり、「ん」から始まる言葉があったり、色々あって面白い。でもそのオリジナル言語のみを公用語としている国は少なくて、英語だったりフランス語だったり、ヨーロッパ諸国の言葉を、第一、第二言語としている国が多い。そして、ここモザンビークはポルトガル語圏。意外にもアフリカ大陸にポルトガル語を公用語としている国はと6カ国あるそうで、英語は22カ国、フランス語は24カ国。自分たちの言葉を話せばいいのに、とかちょっと思っていたのだけれど、アフリカ大陸ではなんと2000以上の言語が話されているのだとか。そりゃある程度まとめたほうがいいだろうなと、一人で納得していたモザンビークの夕暮れ。

131204_DSC00973.jpg
It makes me realize how vague my impression of Africa was. Before I came, I thought there were many different spoken languages for each tribes. In fact, my impression was not that far from the reality. Different tribal language is mainly spoken at home. I surely don't recognize the difference but their language is quite interesting. However, most of them speak other language such as English, French or other European language besides their own, as a second language. Here in Mozambique, people speak Portuguese. To my surprise, there are six countries which use Portuguese as their official language. English in 22 and French in 24 countries. I wonder why they don't use their own language and was pretty convinced by the fact that there are more than 2000 kinds of languages in the Continent of Africa. No wonder.

translated by Mizue Kawamura

"Durban - Maputo"

View Larger Map

« prev 1  2  3