旅する映像 543日目 スフィンクス前の夕日



外を見れば、スフィンクスと目が合う。遺跡好きにはたまらない宿だとヨメが叫ぶ、その名もスフィンクスゲストハウス。二つあるヒラミッドゾーンの入り口のひとつの目の前にあって、ちょっと有名なスフィンクスKFCのすぐそばと言う、これまた遺跡好きには夢のような立地条件なのだそう。ヨメいわく。夜になると、遺跡に照らすライトショーが入場料いらずに見られるので、お得。16時に閉まってしまうゾーン内では見ることが難しい夕焼けのピラミッドも、ここでならば見放題。三千年以上も世界で一番大きな建造物だったこのデカいのを、ボッと眺めながら過ごすのも何だか乙。

150330_DSC00699.jpg

DAY 543 : SUNSET BEFORE SPHINX
Looking out, I get an easy eye contact with Sphinx. The Sphinx Guest House is a killer hotel for the monument freaks, my wife said. It is located in front of one of the two pyramid zone entrances, right by the famous sphinx KFC, a dream location for them. My wife said. We can see the lighting show without paying the admission and the sunset over the pyramid, which usually is hard to see because the gate close at 4PM. It feels kind of precious to spend time with the largest monument on earth for more than three thousand years.


"Great Pyramid of Giza"

旅する映像 542日目 初体験の水タバコ



日本でも、たまに見かける水タバコ屋。カイロでは、カフェで同時にオーダーできるようで街中でオジさんたちがモゴプカしている。道端でプカプカしている女性ははしたない、という常識があるからなのか、オジさんばかりで吸っている女性を全然見かけない。はしたない女性だと思われては困る、と言うヨメが仕入れた情報は、ナイル川の中州にある高級住宅地ゾーンなら問題無いとのことだった。早速、意気揚々と橋を渡って吸いに行ってみた。ちょっと調べてみると、水タバコは普通のタバコに比べ煙を吸う量が多いそうだ。普通のタバコも何も吸わないヨメの初体験水タバコ吸引は、俗に言う「ヤニクラ」の激しい版だったようで、ピーチの香りを漂わせながらグッタリしていた。

150329_DSC00154_02.jpg

DAY 542 : First Time Hookah
Recent years we see more hookah shops in Japan, too. Here in Cairo, it is available at coffee shops and we can see old men smoking everywhere in town. It also looks like smoking hookah in public is not standard for women. Someone told my wife that it is okay to smoke for women in the upper grade neighbor on the sandbar. So we ran and crossed the bridge. Later I figured that one hit of hookah can give you more smoke than normal cigarettes. My smoke-free wife got a strong nicotine crash from the first time hookah with peach flavor.


"Cairo"

旅する映像 541日目 ファラオ村



エジプトの子供たちの社会科見学にはうってつけ、というかそれ用の場所、ファラオ村。カイロのとなりギザ市にある、古代エジプトに迷い込める、謎のテーマパーク。あまりここに行ったという人がいないので、よほどハズレな場所なのかしらと思ったのだけれど、遺跡狂いのヨメの目が本気だったので、とりあえず行ってみる。結論から言うと超楽しい!ナイル川の中州にあるこの場所へ、ボートに乗せられ渡るのかと思いきやすぐには渡らず、岸の上の古代エジプト人の生活を再現した小芝居が炸裂する。演者たちは当時の人々の衣服を着て漁やらミイラ作りやらをしているフリをしてくれるのだけど、本当なら人形なんかを置いてみせるところを全部人間がやってくれるのが、ある意味すごい。この人たちは1日中、石を砕くフリをしたり、縄を編んでるフリをするのかと思うと何だか涙が出る。ほど面白い。ひとしきり爆笑した後、園内の数々のミュージアムを回るのだけど、古代エジプトの寺や一般家庭の中を、これまた小芝居で見せてくれて非常に楽しめる。他にも、ミイラ作り博物館や、ピラミッド博物館などそれぞれ規模は小さいけれど、いっぱいあるし、勉強になる。ヨメにとっての目玉は、ツタンカーメンの墓の再現された博物館で、発掘者のハワード・カーターが発見したその時を完璧に再現されていて、作り物とは言え本物を見るよりも何だか楽しい。ヨメは変なお面を被り、女王の衣装を着させてもらい、テンション上がりすぎて燃え尽きていたけれど、ここはオススメ。

150328_DSC00123_2.jpg


DAY 541 : PHARAONIC VILLAGE
The best field-trip location for Egyptian kids, the Pharaonic Village. It is an entertainment park which can take you to an ancient Egyptian journey located in Giza next to Cairo. Although it looked like one of those cheesy theme parks no one ever go, we decided to go nonetheless because my ancient-monument-freak wife was very serious about it. As a consequent, to tell you the truth, it was so much fun! Before we cross the Nile on a boat to the park on the sandback, they showed us dramatization play of ancient Egyptian life in which real people with ancient clothing pretending like they are fishing, making mummies and so forth. It was astonishingly funny to think that it is a normal weekday for them to pretend like striking stones and braiding ropes for all day. Along with the facility tour in the park such as the mummification museum and the pyramid museum, we enjoyed and learned more about ancient Egypt through more hilarious plays. The biggest event of the day for my wife was the museum of tomb of Tutankhamen which is the complete replica of when the tomb was found by Howard Carter. It was as much fun as visiting the real tomb, my wife was totally burnt out after trying a strange mask and a queen costume. Must go.



"The Pharaonic Village"

旅する映像 540日目 2日めのカイロ



毎度のことなのだけれど、旅に出かける直前、僕らは(僕だけか)毎回徹夜での準備になってしまう。ホントいつもバッタバタバタで、嫌になる。必要なものの買い出しだったり、住民票や保険などの申請に役所に半日缶詰になったり、必要なデータのコピーだったり、荷造りに引越し、薬の調達に筋トレなど、なんだかんだとやらなきゃいけないことがたくさん発生する。もっと楽にざっくりと旅立って、行く先々でなんとかする、なんてのがかっこよくていいななんて思うのだけれど、心配性で小心者な僕はいつも、やり残したことはないかしらとハラハラドキドキ飛行機に乗る。ザックリ派のヨメが羨ましくもある。徹夜続きのおかげで離陸と同時に爆睡できるのは良いのだけれど、それでもしっかりと時差ぼけするので、渡航先ではしばらく使い物にならない男になる。なので、到着して2日目は昼ごはんを食べに外出するだけの1日になってしまう、という言い訳のような文章でございました。

150327_DSC00005_02.jpg

DAY540 : The second day in Cairo
Previous days of each departure, I spend all night packing. The whole hustle and bustle makes me tired. Going out shopping for stuff, being stuck at public office for half a day for legal documents and insurance applications, copying mega datas onto HDDs, packing and moving, preparing medications and exercising and etc etc... It would've been so cool to be able to leave them all behind and just take off, like "shit happens, you know". But I know I am a wimp who worries about every little thing and get on board with my heart in my mouth every time. Often times I wish I was reckless like my wife. Even though all the sleepless nights help me fall asleep right after the take-offs, I still get jet lags and become useless for a couple of days. Anyway, the second day in Cairo, all we did was going out for lunch.


"Cairo"

旅する映像 539日目 旅、再開!



一時帰国というのは、どれくらいの期間を持って"一時"と呼んでいいんだろう。アフリ­カ縦断中、あと地球半周を残して既にお金が尽きる目処が立ち、責任のなすりつけ合いが­てら夫婦ゲンカに突入したのはマラウィの首都、リロングウェ。あれからまさかの一年が­立ち、日本での「旅しない鈴木」への激しい風当たりにも耐え(笑、ようやく出発の運び­へと相成りました。日本にいる間、所属させていただいている会社には、いつもにも増し­てお世話になり、お互いの家族や元同居人にもたくさん助けられ、そして少なからず僕た­ちを応援してくださっている方々の存在を改めて知り、好き勝手やっている僕らにとって­有り難すぎる状況で感謝ばかりです。「旅する鈴木」という活動はこの一年間で広がって­、テレビやラジオにも本にも出させていただき、DVDや書籍も出版、文化庁のメディア­芸術祭にも推薦などなど、書いていてにやけてしまうような、とても嬉しく有難いことが­たくさんありました。一時帰国バンザイです。
さて、そしてカイロ。一年の間に、情勢も為替も変わり、いままでとは少し違う部分もあ­るけれど、それでも僕らは旅をして、映像を撮って、いままで通り夫婦揉めながら、安全­に楽しく世界を廻りたいと思います。皆さま、これからも、旅する鈴木、ぜひ見てやって­くださいませ!

150326_DSC00087_02.jpg

DAY 539 : Our journey restarted, again!
I wondered how long is "temporary". Still a half way through our round-world-trip, we got in a big fight over who is responsible for our financial shortage in Lilongwe, a capital city of Malawi. Surprisingly, it was almost a year ago we "temporary" returned to Tokyo. Ever since, people made fun of "Tabi-shinai(non-traveling) Suzuki", and now finally we are ready to take off again. I can't thank enough to people who took care of us, the company I belong to, our families and friends, and those who support us. The "Tabisuru-Suzuki" project has gained much public attention while we were here. We had many guest offers to radio and tv programs, my first DVD and book were publicized, and the project was officially selected at the Japan Media Arts Festival held by Agency for Cultural Affairs which all made us so happy and thankful. The money shortage meant something.
So here we are in Cairo. The situation has changed politically and economically worldwide. Accepting the changes, we keep traveling safe, making videos, fighting over stupid matters and enjoying the journey.
Please keep an eye on us.

"Cairo"

« prev 1  2  3  4  5  6  7