旅する映像 619日目 夜のポルトガルのタイムラプス



ヨーロッパは、夜がキレイ。しかも安心して撮影できるのがありがたい。アフリカでは治安上、夜に街中でカメラを出すのを控えていたのもあり、なかなか撮れなかった。そのぶんたくさん撮ってやろうと思っていたポルトガルの夜の街。写真映えするところばかりで、撮影場所を探すのが本当に楽しかった。統一されたオレンジの街頭に、並ぶ古い建物。その間から生えるように建つ教会や時計台。それらを見渡せる高台も多く、ものすごく味のある、キレイな夜景が広がっていた。僕らは、そんな高台の家に住んでみたいと何度も思った。

music by KAGINONE (Tokuro Oka, Kenji Yasuda)
http://www.kaginone.com

DAY619 : NIGHT TIME IN PORTUGAL TIMELAPSE
I found beautiful night view all over Europe. Thankfully, it is safe, too. Since I had to avoid shooting at night with expensive equipments in my hands in Africa for safety reasons, I was excited to be able to do that in Portugal. It was so much fun walking around the picturesque spots for shooting. The whole town was lit by the same orange city lights along which the old buildings were alined with a church and a clock tower here and there. I climbed one of the many hills to see the fascinating and beautiful night view. We imagined us living in a house on such a hill over and over.

150922_DSC00451.jpg

"Porto"

旅する映像 618日目 ポルトの夜



ビザの関係で3ヶ月しかいられないEU圏。その1カ国めであるこのポルトガルを、僕らは急ぎ足で駆け抜ける予定だった。でも予定はいつだって未定で、あそこもここもと日にちは過ぎ、結果、滞在は3週間を超えた。もともと1年半の予定だったこの世界旅行がいつのまにか5年めに突入してしまったのは、こういうことの繰り返しがゆえだと改めて思う。それはそれとして、ポルトガルはいいところ。旧市街は空き家が多く、ちょっと荒廃感もあるけれど、逆にそれが味になる。大航海時代の夢のあとのような、ちょっと寂しさも感じたり、でもさすが先進国だと感心したり。滞在予定を大幅に超えたけれど、まだまだ見たいところたくさん。そんな国。

150921_DSC00792.jpg

DAY618 : NIGHT IN PORTO
Since EU visa allow us only three months to stay, we were supposed to rush across Portugal, our first destination in Europe. However a plan is just a plan, we spent three weeks wandering around. Well that is exactly how this 1.5 years world trip itself turned into the fifth year after all. That aside, we very much liked Portugal. The emptiness of the devastated old town added a flavor to the city. We were way over our time limit with so much more left to see. Such an entertaining country.


"Porto"

旅する映像 617日目 緑のワインで部屋呑みポルト



これもポルトガル名物なのか、緑色のワイン。ワインは紅白だと思い込んでいた僕ら、まさかの緑発見に思わず即買い部屋で試飲会。グラスに注いでみると、確かにうっすらと緑色。飲んでみるとさっぱり飲みやすく、ジュースみたい、とヨメ。他のワインよりアルコール度数が低く、さわやかな口当たりがよろしいのだとか。ワインの飲めない僕には白ワインとの違いが微妙にわからなかったが、確かにこれは飲みやすいと思った。でも僕はビール派。実はポルトガルのビールが、本当に美味しい。旅中のベストヒットかもしれない"SAGRES"というビール、1ℓで2Euroとお安く、飲みやすいのに濃い味が残るというか、僕は本当にハマった。そしてビールのお供に、スーパーで買ったサラミ。これも安くて美味くて、さすがのイベリコと唸ってしまう。塩気は強くないのに、じんわりと旨味がでてくるとこなんか、最高だった。そんなポルトガル部屋呑み、結構幸せな1日。

150914_DSC00790.jpg

DAY617 : VINHO VERDE IN THE HOTEL ROOM
Green wine, not sure if its Portugal original, was a surprise for us. It had been a choice of either red or white until we found the green one at the supermarket. We had no choice but to bring it back and try. It looked light green and tasted smooth and fresh like grape juice, according to my wife. I didn't find much difference from white wine but certainly lighter than the other kinds. On the other hand, I am a beer person and very much fond of Portuguese beer. I may say it was the best beer of my whole trip, SAGRES, only 2 Euro for a 1liter bottle, taste light and dense at the same time, and got me hooked. And the Cerdo Ibérico salami from the supermarket was reasonable and delicious. The good balanced saltiness and the meat flavor. The wine, the beer and the salami made our day at the hotel room.


"Porto"

旅する映像 616日目 小さな浜辺の教会



夏が終わったポルトガルのビーチ。無風に近い、とても穏やかな日。なんだかとても静かで、曇りの光は柔らかく、すべての色が薄く見え、砂浜はポルトガルの屋根と同じオレンジ色。なんだか、ちょっと不思議な場所。ここは、ポルトの街から電車で30分。ちょっと電車に乗っただけで着く、本当に静かな田舎街。この浜辺に立つ小さな教会があると宿で噂聞き、フラっと来てみた旅する鈴木。海を背に立つ教会はホントに小さかったけれど、日暮れ後の淡い空に立つ様は、確かに雰囲気のある場所だった。ポルトガルの海岸線は、本当にいいとこたくさんある。いつかキャンピングカーで北から南まで下ってみたい。

150910_DSC07998.jpg


DAY616 : A SMALL CHURCH ON THE SHORE
It was a post-summer calm windless day on the beach in Portugal. The light through the clouds glow everything soft and pale. The beach contained orange sands looked like the same color as the roofs. It was a strange place 30 minutes of train ride away from the city of Porto. We heard that there was a church on a beach in a very quiet rural town just outside the city. The church was tiny in fact, but impressive with the gorgeous sunset behind it. There are so many place worth visiting along the coast of Portugal. Some day I will be back on a camping car and drive all the way from the north to the south.


"Porto - Capela do Senhor da Pedra"

旅する映像 615日目 フランス女子という名のランチ



フランスの女の子という名が付けられた、ポルトの名物料理"フランセジーニャ"。これは強敵。僕たちが注文したのは、このフランセジーニャの全部のせ。せっかくだからと一番豪華なやつにしたのだが、豪快すぎた。食パンに挟まれたありとあらゆる肉。サラミ、ベーコン、ハム、ステーキを挟んだパンを覆い隠すとろけるチーズ。その上に丁度いい半熟の目玉焼きが乗り、その周りをポテトが親の仇のように取り囲み、全体にソースがかけられている。大味だが、一口めは結構美味しい。チーズと肉とソースが同時に個別に主張してくるが、それぞれが美味しいので、大味だがやっぱり美味しい。だが、三口めあたりから、これが強敵になってくる。さて僕らは、このフランセジーニャを攻略できるのか。食べれば食べるほど途方もない道のりに思えてきて、僕らは必死に躍起に限界へと向かっていった。結果、僕はポテト以外はなんとか完食、ヨメは半分ほどでギブアップした。すごい戦いだった。フランス女子は、相当手強いんだろうなと思った。

150909_DSC08996.jpg

DAY615 : FRENCH GIRL FOR LUNCH
Francesinha is a popular Portuguese food named "French girl" in Portuguese. We ordered one with all toppings, to enjoy the local speciality at full. However, what they brought in front of us was all sorts of meat; salami, bacon, ham and steak between slices of bread covered with cheese and some sauce with a porched egg on top, surrounded by tons of french fries. It is kind of junk but good at the first bite. Each ingredients are delicious but not quite in harmony. Maybe after a couple of bite, it became tough to conquer. The more bite we took, the harder it seemed to finish. That made us want to overcome our limits and as a result I finished except the fries, my wife gave up a half way. French girls are quite tough to overcome, I imagined.

"Porto"

1  2  3