旅する映像 685日目 今年もランタン祭り



国王様が亡くなったばかりのタイは、静か。バンコクの王宮周りは喪服の人々で溢れかえり、国中に偲ぶ看板が並んでいた。国王様がタイの人々にどれだけ愛されていたかが伝わってくる。ここチェンマイの祭りも、今年は規模を縮小しての開催。花火やおカマちゃんコンテストは中止だったが、それでも夜空にはたくさんのランタンが舞い、灯篭が川を流れていた。そんな中、外国人向けのランタン上げフェスティバル、"イーペンランナーインターナショナル"は、今年も大盛況。高価なチケットにもかかわらず、随分前に完売だとか。そして今年も全くチケットをゲットできなかった僕らは、悔しいので会場の前まで行ってみた。同じように会場に入れないたくさんの観光客とともに、悔しさを込めてランタンを空に放つ。

DSC00107.jpg

"Maejo University"

旅する映像 684日目 せっかくだからチェンマイへ



CMのお仕事をいただいて、急遽やって来たバンコク。撮影は無事終わり、さあ予定通りインドへ向かうかと最後のトムヤムクンラーメンを食べていると急に全身に寒気が。ヨメに伝えると、なんとヨメも熱っぽいと言う。結局夫婦二人、同時に39度の高熱が出るという結果に。しかし二人同時というのは、どちらも看病ができなくて辛いものだった。ただ、大都市バンコクで病気になったのは不幸中の幸いで、旅行保険に紹介してもらった病院はとても先進的。日本語対応、日本人の先生。エチオピアでウイルスをもらったかもしくはマラリアかと、色々検査をする。なかなか改善しないヨメに至っては、上からも下からもカメラを飲んだ。結局10日ほど寝込んだが、原因は特定できないままに、全快。先生曰く、アフリカの"何か"にやられたのだろうとのこと。やっぱりアフリカ恐ろしい。思わぬ長居をしたため、タイはお祭りの季節になった。せっかくだからと、昨年も行ったランタン祭りへ参加するため、満月近いチェンマイへと向かう。

161113_thai_edit.00_07_43_18.Still066-2.jpg

"Bangkok → Chang Mai"

旅する映像 683日目 辺境から大都会へ



スリ族の村で過ごす濃い時間はあっという間に過ぎ、また3日かけて首都アディスアベバに戻った。何不自由のない都会に戻ると、牛とともに裸足で暮らすスリ族の生活が、別の世界の記憶のように感じる。いつもの旅では出来ない素敵な体験をさせていただいた。ご一緒させていただいたヨシダナギさん、ガイドのスムスム、本当にありがとうございました。さて、急遽お仕事をいただき僕らは、エチオピアからタイに向かうことになった。アフリカの辺境から一転、大都会バンコクへ。交渉の必要のないタクシー。確実にお湯が出るシャワー。南京虫をチェックする必要のないベッド。そして溢れんばかりの日本食。幸せが止まらない。

DSC08738-3.jpg

"Addis Ababa → Bangkok"

旅する映像 626日目 タイ料理を食べまくる1日



短い今回のバンコク滞在。とにかく食べまくるぞと、あちらこちらをはしごする。おいしそうなものを見つけたら、とにかく食べるぞという1日。幸せで楽しい1日。しかしこんなに食べ物が安くて種類豊富で美味しい国は、中々ないんじゃないだろか。映像の中では、麺類、揚げ団子、トムヤムクンなど、7軒のお店をはしごしたのだけれど、使った合計金額は1600円ほど。もちろん二人分。タイ安い!タイ美味い!パクチーが入っていなければ最高なのに!

151130_DSC03869.jpg

DAY626 : ALL DAY THAI FOOD
Since it's a short stay in Bangkok, we decided to food-hopping for a day and eat anything looks good. Got to be happy and fun. I think Thailand is one of the best places to eat variety of good food for cheap. Including those in the videos; noodles, fried potatoes, and Tom yum goong, we went 7 different places and spend only about 1,600 yen for two. Cheap! Delicious! No coriander I wish!

"Bangkok"

旅する映像 625日目 バンコクに到着



夜行バスに乗って、チェンマイから首都バンコクへ。十数年ぶりのバンコクは、トゥクトゥクが減り、ボッタくらない健全なメータータクシーが走っていた。あのトゥクトゥクの、独特な排気ガスの匂いがちょっと好きだったので、残念なような気もする。タクシーの車窓から眺めていると、セブンイレブンの二軒隣にファミリーマートが並んでたり、横浜家系ラーメンの看板が見えたり、日本がちらほら見える。道路も左側通行だし、走っているのは日本車ばかりだし、一瞬わからなくなってしまう。そして今日の宿は、カオサンロードから少し離れた、ちょっといい宿。と言っても、二人ので一泊2千円。アジア物価万歳。でもバンコク滞在は二日間だけ。ヨーロッパに戻ります。

151128_DSC03813.jpg

DAY625 : ARRIVING IN BANGKOK
Another express night buss from Chiang Mai to Bangkok. In the past 10 years or so since last time I was here, many of the tuku-tuku had been gone and there were more taxies with fair rate which made me a bit sentimental. I kind of liked the smell of tuku-tuku fumes. As I looked out the taxi window, there were many Japanese imports such as convenience stores like seven-eleven and family mart next to each other, and a sign of ramen shop. Above that, majority of vehicles are Japanese cars and drove left on the road. Quite comfusing where I was. Still, the nice hotel we are staying tonight, blocks away from Khaosan road, is only 2,000 yen for two of us. Reasonable. We stay here for two nights and will go back to Europe.


"Chiang Mai - Bangkok"

1  2