旅する映像 648日目 幸せのチェコ暮らし



幸せ絶頂のプラハライフ。街のスーパーに買い出しに行き、アパートに帰って料理する毎日(ヨメが)。チェコはビールの消費量が世界一らしく、スーパーの一角にはずらりと並んでいる。そして、びっくりするほど安い。けど、安いのに美味い。絵本が有名なチェコらしく、ビールの絵柄も可愛くて、余計にビールが好きになるというか大好きだ。そして今日の夕ご飯は、元旦に食べたグラーシェを家で作ってみる。あたたかい煮込み料理が寒いプラハによく似合って、ビール片手にいただくこの幸せがずっと続いてほしいと心底思ったチェコの夜。

160103_DSC05039.jpg

"Prague"

旅する映像 647日目 待ちぼうけの花火大会



素敵だった大晦日から明けて、元旦のプラハ。前日そこら中で街の人が上げていた個人花火も落ち着き、今夜はプラハ市主催の花火大会。モルダウ川の向こう岸で打ち上げられる、プラハ城ごしの花火は相当綺麗だとか。プラハ観光協会のサイトで場所をチェックし、一番よく見えるであろう橋の上に陣取ったのは午後17時半。すでに辺りは真っ暗で、川岸にぎっしり押し寄せた旅行者と-5℃の寒さの中、開始時刻の18時を待った。カメラを構え、人ごみに倒されないよう踏ん張ること30分。何も起こらない。海外だからそういうこともあると待つこと1時間。諦めて帰り出す人が続出。いやいや海外ですからと粘ること2時間。ぎっしりだった橋の上に僕らだけが残った。キンキンに冷えたカメラも僕らも限界で、なんだよプラハと愚痴りながら腹いせにチェコ料理レストランに飛び込んだ。凍りついた体にあったかいグラーシェとホットワインが心底沁みた。生き返った。死ぬほど美味しかった。部屋に戻りネットで調べてみると、なんと今年は全然違う丘の上で行われていたとのこと。youtubeには素敵な花火の映像がアップされていた。僕らが確認したプラハ観光協会の公式サイトを見返してみる。やっぱり書いてあるのは橋の向こうの丘。このサイトの情報が間違っていて、あれだけの人が待ちぼうけになったのだった。やっぱり海外だからしょうがない、とはさすがに思えん。観光協会こんちくしょう。

160101_DSC03201_02.jpg

DAY647 : STILL WAITING FOR FIREWORKS
The first day of the new year in Prague. We heard about the fireworks event on the other side of The Vltava presented by the city of Prague. It is a chance to see beautiful fireworks over the Prague Castle. We checked the location on the official website of Prague tourist association and set things up on the bridge, possibly the best shooting spot 30 minutes before the opening. It was already dark and freezing like -5℃, and the bridge was full of tourists waiting for the event opening which was supposed to be 6PM. I had hold on to the camera in the cloud for 30 minutes, and nothing happened. We waited for another hour thinking it may be a delay while more and more people left. 2 hours later, it was just me, my wife and my camera on the bridge freezing to death. Being so disappointed, we went in the Czech restaurant. Hot soup and hot wine brought us back alive from the cold. I can't even describe how good it was. Back in the hotel room, we found out that the event took place somewhere else. There were videos of beautiful fireworks on Youtube. I double checked the tourist agency's website, it still listed the wrong information that caused so many people stood up by. Should I be, oh well? No way. Fuck the tourist agency.

"Prague"

旅する映像 646日目 雪のプラハの大晦日



今日のプラハは大晦日。昼間っから街は花火が鳴り、盛り上がりすぎた若者の奇声が激しい。浮き足立つような、何かいつもと違う雰囲気の旧市街。凍える寒さに思わず入った中華レストランで麻婆豆腐を注文し、美味しく温まって外に出たヨメが突然、乙女になった。雪が降りだしていた。中世の雰囲気いっぱいのプラハと雪。こればっかりはホントに綺麗で素敵で、乙女になるのもしょうがない。しかも、年が明けるまであと30分、気分は嫌でも盛り上がる。そして迎えた午前0時、旧市街広場。大聖堂や時計台の上の夜空ぜんぶに花火が上がり、まだ残るクリスマスマーケットと一緒にキラキラ光って綺麗さ最高潮。雪が降るなか皆ホットワインで乾杯し、抱き合ったり何故かハイタッチしたりと盛り上がりも最高潮。いやーいい新年を迎えられました。今年は楽しく頑張れる気がする。

151231_DSC09780.jpg

DAY646 : SNOWY NEW YEAR'S EVE IN PRAGUE
The new year's eve in Prague. We heard fireworks exploding and excited young kids' screaming in the city during the day. Even in the old town, we felt something unusual like agitation in the air. Freezing cold outside, we ran inside a Chinese restaurant for a warm rest and a hot meal. And then, 30 minutes till the new year, it was snowing when we got outside the restaurant. The combination of medieval feeling of Prague and snow was so irresistibly beautiful that we were drawn into it. Finally, it past midnight in the Old Town Square, we saw fireworks in the sky above the cathedral, the clock tower and everywhere which made the still-remaining christmas market glittering. So beautiful. Everyone was excited, toasting with hot wine, hugging each other or doing high-five in the snow. Much expectation for the new year!

"Prague"

旅する映像 645日目 プラハのアパートメント 2軒め



僕らはずっと家なき子。旅に出てから4年以上、自分たちの家がない。ドミトリーのベッドを転々とし、キャンプサイトを転々とし、そしてホテルの部屋を転々とする旅の生活。毎日違うベッドで目覚めて、毎日違う窓の景色を見る。これは、ずいぶん幸せなことなんじゃないかと心底思う。思う。思うんだけれども、実際ここまでやり続けるとぶっちゃけ"自分の家"というものが超恋しい。お気に入りの家具揃えてみたいなぁ、とか、チェックアウトの時間を気にしなくていい生活って素敵だなぁ、とか、ちょっと観葉植物でも置いてみようかしら、とか、変な無い物ねだりが生まれてくる。帰る家があるって、素敵なことだと心底思う。そんな中、思わず滞在してみたプラハのアパートメント。これがまた居心地よくて、自分の家を手にいれたような気分になり、しかもその家はおしゃれで、なんだか夢のようで。なので、滞在を大幅に延長することになりました。今年の年越しはプラハ。うひょーテンションあがる!

151228_DSC09584.jpg

DAY645 : APARTMENT IN PRAGUE #2
We have been homeless for more than 4 years since we started traveling. We moved from dormitory beds to camping sites and to hotel rooms, waking up in a different bed with a different view from the window. It's so special and precious, I truly think that. No doubt. Although. It's been way too long, I miss having my own home so much. I dream about furnishing my own place and living without check-out time, things I shouldn't dream about while traveling. I seriously think it is lovely to have home. With such an obsession about own home, we picked an apartment room in Prague. It was so comfortable that I felt home. Seemed like my dream home came true, we decided to extend our Prague stay. We will have a new year here in Prague. So excited!

"Prague"

旅する映像 644日目 チェコのプラハ城



プラハと言えば、プラハ城。世界で最も古くて大きな城らしく、外から見ると、街なのか城なのか分からないほど大きい。中に入ってみても建物がありすぎて、やっぱり街にしか見えない。まず目につくのは巨大な大聖堂。もうこれが城でいいじゃないかと思ってしまうほどの聖堂の中は、意外にシンプル。他の国々で見てきた豪勢な飾り雰囲気とは違う、なんていうか重厚感。これが城かと驚くほどアッサリした入り口の旧王宮も、飾り気が少ない。プラハの街を歩いて初めに感じた、なんとも言えない重めな空気がここにも漂っている気がする。

151226_DSC09648.jpg

DAY644 : PRAGUE CASTLE IN CZECH
The must-go in Prague, the Prague Castle. The oldest and the biggest castle in the world. It is too big to even figure out if it is a castle or a town from outside. First, the giant cathedral is about the size of a castle. Huge but simple without lavish ornaments, and more like solemn atmosphere. The entrance of the royal palace was surprisingly plain, I felt the same intensity in the air as the first time I walked the city of Prague.

"Prague"

1  2