旅する映像 684日目 せっかくだからチェンマイへ



CMのお仕事をいただいて、急遽やって来たバンコク。撮影は無事終わり、さあ予定通りインドへ向かうかと最後のトムヤムクンラーメンを食べていると急に全身に寒気が。ヨメに伝えると、なんとヨメも熱っぽいと言う。結局夫婦二人、同時に39度の高熱が出るという結果に。しかし二人同時というのは、どちらも看病ができなくて辛いものだった。ただ、大都市バンコクで病気になったのは不幸中の幸いで、旅行保険に紹介してもらった病院はとても先進的。日本語対応、日本人の先生。エチオピアでウイルスをもらったかもしくはマラリアかと、色々検査をする。なかなか改善しないヨメに至っては、上からも下からもカメラを飲んだ。結局10日ほど寝込んだが、原因は特定できないままに、全快。先生曰く、アフリカの"何か"にやられたのだろうとのこと。やっぱりアフリカ恐ろしい。思わぬ長居をしたため、タイはお祭りの季節になった。せっかくだからと、昨年も行ったランタン祭りへ参加するため、満月近いチェンマイへと向かう。

161113_thai_edit.00_07_43_18.Still066-2.jpg

"Bangkok → Chang Mai"

Google Android TVCM出演



Google Android TVCM出演
Google AndroidのTVCM「見せたい写真、パッと出る」篇に出演させていただきました。ロケ先はバンコク、カオサン通り。各国のバックパッカーに笑われながら演技をさせていただきました。ヨメがメインですが、ダンナも実はずっと映っています。

Google Android TVCM
We are in TV Commercial for Google Android. Shooting Location was in Kaosan Road, Thailand.

Long version is here

旅する映像 683日目 辺境から大都会へ



スリ族の村で過ごす濃い時間はあっという間に過ぎ、また3日かけて首都アディスアベバに戻った。何不自由のない都会に戻ると、牛とともに裸足で暮らすスリ族の生活が、別の世界の記憶のように感じる。いつもの旅では出来ない素敵な体験をさせていただいた。ご一緒させていただいたヨシダナギさん、ガイドのスムスム、本当にありがとうございました。さて、急遽お仕事をいただき僕らは、エチオピアからタイに向かうことになった。アフリカの辺境から一転、大都会バンコクへ。交渉の必要のないタクシー。確実にお湯が出るシャワー。南京虫をチェックする必要のないベッド。そして溢れんばかりの日本食。幸せが止まらない。

DSC08738-3.jpg

"Addis Ababa → Bangkok"

旅する映像 682日目 スリ族とヨガするヨメ



スリの子供たちと一緒にヨガをしてみたヨメ。これが少年少女に爆ウケで、今回の訪問で一番の笑顔を見れた瞬間だった。彼らは何をやっているのか全然分かっていないと思うけれど、楽しそうに一生懸命ヨメの真似をするその素直さが、ホント素敵だった。人体と筋肉が大好きなヨメは、スリ族の体について褒めちぎる。曰く、「縦のラインの筋肉がしっかりしているので、バランスが非常によく走ることなどに長けている。無駄のない美しい筋肉だ。天性の手足の長さも相まって、その佇まいは非常に美しい。だが、惜しいことに柔軟性がない。そこを追加できれば、スリ族はパーフェクトボディになれるはずだ。帰国したらヨガ仲間とともに、更に検証してみようと思っている」そうだ。何言ってるのかよく分からないが、子供たちは世界中どこでも可愛い。

DSC06705.jpg

"Kibish"

旅する映像 681日目 スリ村の砂金取引所



"スリの土地にゴールドがある"。今回のエチオピア旅で僕らが一番そそられた情報はコレだった。スリについてたくさんのことを教えてくれたスムスムに申し訳なく思うほど、旅する鈴木は金に食いついた。辺境で採れる金。一攫千金のロマンを感じざるを得ない。余談だが、同じくアフリカの小国レソトの辺境で、ダイアモンドを掘ろうと企むおじいさんに出会ったことがある。おじいさん曰く、100人にも満たないその村の住人は山で見つけたダイアモンドを皆隠し持っていて、山のどこかに鉱脈があるに違いないと首都に家族を残し、余生を楽しんでいた。やはり、辺境にはロマンがある。スリ族の村のメインストリートにある掘っ建ての小屋の砂金取引所へと、半分買う気で僕らは出かけた。金売りの男たちはこの辺りの諸民族ではなく、おそらく首都アディスアベバからの出稼ぎだと思われる。きっと、一攫千金狙いだ。だが、欲にまみれた鈴木と違って彼らはとても優しく、気前よく金を量って見せてくれ、色々と説明してくれた。近郊に金採掘所があるそうで、肝心のお値段を聞いてみると、1g=850ブル=4,325円(2017年1月28日現在)。同日(2017年1月)の田中貴金属の相場を見ると、キロバー建てで4,768円なので、砂金から金を抽出する手間を考えると、別段安くもないのか。迷った挙句、その時に安いか高いか判断できず、ATMももちろん無いため、金を買わずの旅する鈴木。ロマンを得るためには、とりあえず買うべきだったと反省する鈴木。

DSC00020.jpg

"Kibish"

« prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11